モンキービジネス 2011 Fall vol.15 最終号

制作 : 柴田元幸 
  • ヴィレッジブックス
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863323476

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「トム・ソーヤーの冒険」全訳。トムの弟のシドが気になる。厭な子供のステレオタイプのように描かれているけど、ちょっと待って。シドは正確にはトムの異母弟。で、ポリー伯母さんは、トムの母親の姉。ってことは、シドとポリー伯母さんには血縁がない。何をやらかしても結局は伯母さんに許されちゃうトムと違って、シドにはいつ追い出されるかわからないという不安からいい子ちゃんを演じなきゃという気持ちがあってもおかしくはないし、やりたい放題のトムを出し抜いてやりたくなるのもわかる。寝床で息を殺してトムの行動を窺っているシドのことを思うと切なくなる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

柴田元幸(しばた・もとゆき)
1954年東京都生まれのアメリカ文学研究者、翻訳家。東京大学文学部名誉教授。ポール・オースター、レベッカ・ブラウン、スティーヴン・ミルハウザー、スチュアート・ダイベック、スティーヴ・エリクソンなど、現代アメリカ文学を数多く翻訳。
2010年、トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』(新潮社)で日本翻訳文化賞を受賞。マーク・トウェインの翻訳に、『トム・ソーヤーの冒険』『ジム・スマイリーの跳び蛙―マーク・トウェイン傑作選―』(新潮文庫)、最近の翻訳に、ジャック・ロンドン『犬物語』(スイッチ・パブリッシング)やレアード・ハント『ネバーホーム』(朝日新聞出版)、編訳書に、レアード・ハント『英文創作教室 Writing Your Own Stories』(研究社)など。文芸誌『MONKEY』、および英語文芸誌Monkey Business 責任編集。2017年、早稲田大学坪内逍遙大賞を受賞。

モンキービジネス 2011 Fall vol.15 最終号を本棚に登録しているひと

ツイートする