告白はスイートピーの前で (ヴィレッジブックス)

  • ヴィレッジブックス
3.50
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863323780

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 伯爵の非嫡出子で、化学の実験大好きバクスターは、とある殺人事件の犯人候補であるシャーロットに近付くため、彼女の元で働くことに。しかし、意外にも2人の目的は同じだった。その目的のため婚約まで偽装するが、当然2人は相思相愛なわけで…。せっかくのいいムードなのに、余計な一言でブチ壊すバクスターと、事あるごとに「雇い主は私!」と主導権を握りたがるシャーロット。イライラ、焦れ焦れするが、そこがイイ!!なんだかんだで犯人に近付いていく、その過程も楽しめました。

  • 女が強くてステキです!の一言につきる。

  • 弟がツンデレ…←そこか

  • 英国社交界って興味深いわぁ。

  • ☆3.5
    いつものアマンダ・クイック
    ヒロインにぶんぶんにふりまわされて不器用ながらもメロメロなヒーローが楽しいけど、ストーリー的には普通

  • 貴族の婚外子で科学者のバクスター・セント・アイブスと、自立して調査の仕事をしている25歳のシャーロット・アーケンダール。アマンダ・クイックらしい楽しいストーリーだが、それだけに先が読めすぎる。出だしで死ぬ科学者は悪役だなとか、バクスターの異母弟との和解をヒロインが助けるのかなとか、今回の作品は先が読めすぎるのがマイナスに働いてイマイチでした。

  • 購入済み 読了

    内容紹介
    偽りの婚約から生まれた真実の愛。

    貴族の婚外子である化学者バクスター・セント・アイヴスは、叔母の頼みで、彼女の親友が何者かに殺された事件の調査に乗りだした。
    叔母によれば、第一の容疑者はその親友と面識があったシャーロット・アーケンデールという謎めいた女性だった。
    そこでバクスターは身分を偽ってシャーロットに接近する。
    が、やがて彼は意外にもシャーロットも同じ事件の真相を追っていることを知り、ふたりは協力し合うことになった。
    たがいに相手に抗しがたい魅力を感じていることはおくびにも出さずに……。
    華麗な筆致で綴る傑作ヒストリカル・ロマンス!

    結構先が見えたけど、おもしろかったです。

    Affair by Amanda Quick

  • 知的で勇敢なオールドミスと世間に理解されない孤高の紳士といういつもの組み合わせ。いつにもましてぶっきらぼうで社交術に欠けるヒーローがなさぬ仲の弟と心を通わせていくところが良かった。2012.5

全8件中 1 - 8件を表示

アマンダ・クイックの作品

ツイートする