イタリアで大の字―さおり&トニーの冒険紀行

  • ウイーヴ
3.31
  • (19)
  • (31)
  • (83)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 363
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863325395

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イタリア紀行コミックエッセイ。
    体験型で楽しそう。

  • イラストきれい。イタリアでの生活と言うよりは、体験旅行のレビューみたいな感じ。

  • さおり&トニー(たぶん、トニーニョも)が訪れたイタリアの旅行記。
    もう20年近く前に以前勤めていた会社の社員旅行でイタリアに行った事があったが、あの頃は何も調べずにただただいただけなので、この本を読んでから行けば~と無いものねだりをして、ひとりもがいてみた。
    また行ってみたい。

  • 旅行記・イタリア紹介本と言うより、仲の良いご夫婦のある出先の出来事談でした。可もなく不可もなくと言ったところ。ただ意外に軽く読める本ではなかった。あんまり面白くなかったからかな?

  • イタリアの旅。

    ドンドラ、乗れるものなら乗ってみたいですが
    それよりも便座…動くのですか。
    真ん中あたりで紹介されてるケーキも美味しそうですが
    材料が面倒です。
    手間がかかった方が美味しいのは分かってるのですが
    正直、楽して食べたい!w
    後は歌の衣装。
    どれだけ違和感がなかったのか、知りたいです。

  • イタリア体験旅行。
    いろいろ盛りだくさんで楽しそう。

  • イタリアで観光というよりいろんな体験をしてのエッセイまんが。
    サボテンの実は食べてみたいけれど、ウジ虫チーズは絶対イヤだ!

  • 図書館。

    このテーマで写真+文章で読みたかったなぁ。

  • 体験三昧のイタリア旅行も魅力的です。
    私の行ったミラノ、ベネチアは、本の一部分だったと実感。
    もう一度行ってみたい!

  • イタリアの文化とか伝統芸能とかの体験記。今回は世界遺産見て回るしかできなかったけれど、今度いくのはここの紹介されてるようなの、やってみたいなー。特にモザイクとかやってみたい!!

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

岐阜県生まれ。1995年に『空に真っ赤なモノレール』でデビュー。著書に『ダーリンは外国人1~2』、『ダーリンの頭ン中1~2』『ダーリンは外国人 with BABY』『ダーリンは外国人 in English』(KADOKAWA)、『英語ができない私をせめないで!』(だいわ文庫)、『プチ修行』(幻冬舎文庫)、『めづめづ和文化研究所 京都』(情報センター出版局)、『さおり&トニーの冒険紀行 タイで大の字』ほか「大の字」シリーズ(ヴィレッジブックス)など多数。2012年にベルリンに一家で移住した。

「2018年 『新装版 めづめづ和文化研究所 京都』 で使われていた紹介文から引用しています。」

イタリアで大の字―さおり&トニーの冒険紀行のその他の作品

小栗左多里の作品

イタリアで大の字―さおり&トニーの冒険紀行を本棚に登録しているひと

ツイートする