ブリジット・ジョーンズの日記 (ヴィレッジブックス)

  • 132人登録
  • 3.65評価
    • (12)
    • (13)
    • (20)
    • (3)
    • (1)
  • 9レビュー
制作 : 亀井 よし子 
  • ヴィレッジブックス (2001年8月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (404ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863326309

ブリジット・ジョーンズの日記 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2002年3月25日読了。以下、過去の日記から抜粋。

    映画とかなり話の内容が変わっているのでびっくりした。
    どちらかといえば、小説のほうがやっぱり好きなのかも。
    なんといっても、出てくるキャラがどこかキレてる。
    特に母キャラは映画よりもずっとキレてて、ある意味スカッとするかも。
    ここまで一人称口語体で書かれると、なんだか少女小説を思い出す。
    本当は30代のはずのブリジットのはずなのにこのテンションの高さは、
    やはり文体から受ける印象が大きく影響しているのだろうか。
    (なんとなく、「恋のチカラ」の籐子さんを思い出す)。
    男性が読んだらちょっとショックを受けるのかもしれないけれど、
    女性側から見れば、「分かるねぇ」と思う場面もしばしば出てくる。
    女性でいるというだけで、何かと大変なことは多いのだ。

  • 家での生活態度がとんでもなくだらしないところが、
    自分自身とまったく同じで共感を覚えました。
    特に、一応、時間で計画をたてるも、
    気づけばすでにその時間になってしまっているとか、
    着ていきたい服がどこかにいってしまって
    見つからないとか、そのへん。
    映画よりも本のほうが細かく
    いろんなことが書いてあっておもしろいと思う。

  • 映画化された原作小説には滅多にハズレがないという理由だけで読んでみたけれど、とても面白かった!
    ブリジット(冴えない小太りのOLさん)の秘密の日記を覗いてるかんじ。
    読んでて飽きず楽しかった。

    映画もぜひみてみたい。

  • 映画は既に見ていて、映画の感覚で読み始めたものだったから最初の方は差を詰めるのが大変だった。先に原作を読んでいたら、また映画を見た時の感想も変わっていただろうなという印象ももった。

    恋人もいない、仕事もうまく行ってないブリジットは、なんだかんだいって友人に愛され家族に愛されている。全てを何とかしてしまう力も持っているし、魅力的な女性だ。どじだけど。
    一年の初めの方はあんまり、面白く感じなかったけど、それはブリジットという人の状態が影響しているのかもと思ったら非常によくできたり小説だと思った。十一月からは映画と同じようにリズミカルに話が進みひきこまれていく。ブルースープの悲劇よ!
    日記をつけるのもいいかもしれない。

  • シングルトンの日常を描いた作品。

  • 読んでると恋したくなる。

    イギリスの生活風景とかも分かるし、面白い!
    恋する気分が上がる一冊です。

  • 読んでいるうちに、あー分かるって共感したり、ダメだよって呆れたり、頑張れって応援したりしてた。
    女の子は読んだら元気になれるかも。

  • 何も考えずに読めて面白い。
    なんだかんだ言ってブリジット・ジョーンズはめちゃくちゃ前向き思考(笑)

全9件中 1 - 9件を表示

ブリジット・ジョーンズの日記 (ヴィレッジブックス)のその他の作品

ブリジット・ジョーンズの日記 (角川文庫) 文庫 ブリジット・ジョーンズの日記 (角川文庫) ヘレン・フィールディング
ブリジット・ジョーンズの日記 (角川文庫) Kindle版 ブリジット・ジョーンズの日記 (角川文庫) ヘレン・フィールディング
ブリジット・ジョーンズの日記 単行本 ブリジット・ジョーンズの日記 ヘレン・フィールディング

ヘレン・フィールディングの作品

ブリジット・ジョーンズの日記 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ブリジット・ジョーンズの日記 (ヴィレッジブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする