ストロベリー・ショートケーキが泣いている (ヴィレッジブックス)

制作 : Joanne Fluke  上條 ひろみ 
  • ヴィレッジブックス
3.85
  • (12)
  • (25)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 136
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (423ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863326897

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ2作目。
    軽く読めるコージーです。

    ヒロインは、ハンナ・スウェンセン。
    大学で修士論文を書いていたが、父親が亡くなった後、母や妹の傍にいるために、町に戻ってきた。
    ミネソタの小さな町レイク・エデン。
    ハンナは得意の腕を生かして<クッキージャー>という手作りクッキーの店を始め、繁盛している。
    母親と二人の妹は、小柄で完璧な美人。
    父親似のハンナだけが長身ですぐちりちりになる赤毛、ややオーバー気味の体重。
    すぐ下の妹アンドリアとは張り合って仲が良くなかったが、一作目でコンプレックスはお互い様だったと気づき、仲良くなった所。

    製粉会社主催のデザート作りコンテストが、この町で開催されることに。
    夏場は避暑や観光でにぎわう町だが、例年、冬はひとけがないので、歓迎されている。
    ハンナはプロとして審査にまわり、デザート作りのデモンストレーションをすることになり、テレビ番組でも放映される。
    一日目の審査で辛口の批評をした男ボイドが、自宅で殺された。
    またしても、死体の第一発見者となってしまったハンナ。

    ボイドは、地元高校のバスケットボールのコーチだった。
    ボイドが妻のダニエルに暴力をふるっていたことを知っているハンナ。
    このままでは、ダニエルに容疑がかかってしまう…
    ウィネトカ郡の新任の保安官助手のマイク・キングストンとは、デートを始めたばかりの関係で、まだ恋人ではないが、捜査には手を出さないように釘を刺される。
    もとからいる保安官助手のビルは、アンドリアの夫。
    アンドリアは協力を申し出て、姉に必要とされたいと願っている様子。
    クッキー作りの手伝いは下手なアンドリアだが、人あしらいは上手いので捜査には頼りになる。

    ハンナは、気の置けない友人のノーマン・ローズにも、証拠写真の現像を頼む。
    ノーマンは歯科医で、双方の母親は二人をくっつけたがっていた。少し年が上で、見た目はマイクほどハンサムではないが、人柄は良い。
    さて、ハンナの捜査、そして恋人選びは…?

    美味しいお菓子がどんどん登場。
    レシピ付き。
    思わず、昨日ストロベリー・ショートケーキを一個買ってしまいました。
    美味しかったけど、ハンナのレシピだとパウンドケーキでしかもサワークリーム入りだから、ずっと濃厚そうです。

    著者はミネソタの小さな町に生まれ、さまざまな職業を経験した後に作家に。
    2000年に始まったこのシリーズは人気を呼び、毎年1作は発行されている人気。

    • 円軌道の外さん

      はじめまして!
      兵庫県に住む、
      円軌道の外と申します。

      早速のお気に入りポチと
      フォローありがとうございました(^O^)
      ...

      はじめまして!
      兵庫県に住む、
      円軌道の外と申します。

      早速のお気に入りポチと
      フォローありがとうございました(^O^)


      自分も食べ物が出てくる小説や映画に
      目がないんで、
      この本気になります!(笑)

      シリーズ化されて長いんですか?


      好きを通じて
      本や映画や音楽の話をしていけたらと思ってるんで、
      また気軽にコメント頂ければ嬉しいです♪

      よろしくお願いします(^_^)v

      2012/06/29
    • sanaさん
      円軌道の外さん、
      はじめまして~!ようこそ☆
      こちらこそ、ありがとうございました。

      すごい、紹介した本全部にレビュー、それに~たく...
      円軌道の外さん、
      はじめまして~!ようこそ☆
      こちらこそ、ありがとうございました。

      すごい、紹介した本全部にレビュー、それに~たくさんのコメント数!
      コメントで交流されてるんですね。

      このシリーズは12冊は出ているはずです。
      美味しいお菓子のレシピがいくつも載っているんですよ。
      読んだ順番が滅茶苦茶なんですけど~全部読んじゃおうかなと改めてご紹介を始めました。

      映画も大好きです~。音楽は詳しくないけど…もちろん、好きは好きです♪
      これから、よろしくお願いします!
      2012/06/30
  • クッキーショップを経営しているハンナは、殺人事件によく出会ってしまうコージーなヒロイン(笑)。ふつうに暮らしている中の、証拠とかのネタが楽しい。コージーらしく、まあやりたいほうだいだけど、それが楽しい。

  • あまり難しい話を受け付けないような時に最適なシリーズ。ミステリーとしてはそんなになんだけど、登場人物が個性的で魅力的なのと、出てくるお菓子が食欲をそそってある意味危険な本。
    二人も殺されてるのに今回全然悲しくないのは亡くなった人達の人徳の問題でしょうね。
    ハンナのラブロマンスは全くと言っていいほど進展無し。まぁ、もうシリーズがこの時点で12冊出ていることがわかっているので、そしてまだ続いてるってことは、この先もなかなか進展しないはずって事ですよね。

  • 【あらすじ】
    ミネソタの小さな町レイク・エデンは、いつになくにぎわっていた。ハートランド製粉主催による手作りデザートコンテストの第一回開催地に選ばれたのだ。町いちばんのケーキ作り名人としてハンナも審査員に選ばれたが、審査員の中には意外な顔ぶれも。そのひとり、高校のバスケットボール・コーチであるボイド・ワトスンがこてんぱんに参加者のデザートを批評した夜、彼は何者かに殺された。そばにはハンナがあげたストロベリー・ショートケーキが―。またまた死体の第一発見者となってしまったハンナはやっぱり探偵役をやるはめに…。大好評お菓子探偵ハンナ・シリーズ第二弾。

    【感想】

  • お菓子探偵2作目。

    あらすじ
    町で製粉会社主催のお菓子コンテストが開催され、その様子が4日間ローカルテレビで放送される。ハンナは審査員。しかし、審査員の一人が殺される。彼はバスケットボールチームの名コーチであり、妻を殴る夫だった。操作を進めていくうちに、地元記者の女性が詳しいことをつかんでいる様子だったが…。

    ハンナと妹アンドリアが活躍。記者の家に忍び込んだり、店の経営そっちのけで聞き込みしたり。面倒見がよくて、パワフルなハンナが楽しかった。

  • クッキー・ジャーで働いているリサが
    共同経営者に昇格出来て良かった。
    前作から、気配り満点、新レシピの開発もする、
    素晴らしい仕事ぶりに感心していたので、
    とても嬉しい。

    地元新聞の記者が亡くなっているだろうことは、
    途中で読者全員に分かっていながら、
    ちょっとひっぱり過ぎかな。

    製造停止になった、
    インディアンの酋長が表紙のノートを思い出す場面には、ぐっと来た。
    やはり文房具は重要。

    それと二人の求愛者がやきもきする最後の場面も楽しかった。

  • とにかくタイトルにあるストロベリー・ショートケーキが美味しそう!!
    私好みのしっとりしたスポンジに有機栽培されたイチゴをふんだんに使っている。
    途中に出てくるパイナップルフランも作ってみたい!
    あ、これミステリだったっけ?
    でも一番の魅力は美味しそうなお菓子の描写とそのレシピ。
    ミステリの方は地道な聞き込み調査と、違法な押し込みで解決。
    不法調査が今後も続く様なら、主人公への好感度が下がりそう。
    恋の様子は中学生レベル。どんだけ奥手なん!?
    恋の進展にはあまりドキドキしないけど、飼い猫のモシェや、妹、姪っ子がすごく可愛らしい。

  • お菓子探偵ハンナシリーズ第2弾。終始クッキーが食べたい願望と戦わなければならなかった…。猫のモシェがなんとも愛らしくてきゅんきゅん!ハンナとノーマン、マイクの三角関係も気になる。続編も予約しよ。2011/296

  • おいしそうでかわいいコージーミステリ

  • ミネソタの小さな町レイク・エデンは、いつになくにぎわっていた。ハートランド製粉主催による手作りデザートコンテストの第1回開催地に選ばれたのだ。町いちばんのケーキ作り名人としてハンナも審査員に選ばれたが、審査員の中には意外な顔ぶれも。そのひとり、高校のバスケットボール・コーチであるボイドがこてんぱんに参加者のデザートを批評した夜、彼は何者かに殺された。そばにはハンナがあげたストロベリー・ショートケーキが。またまた死体の第一発見者となってしまったハンナはやっぱり探偵役をやるはめに…。シリーズ第2弾。

    原題:Strawberry Shortcake Murder (2001)
    訳者:上条ひろみ

    ヴィレッジブックス (2003.08)

全19件中 1 - 10件を表示

ストロベリー・ショートケーキが泣いている (ヴィレッジブックス)のその他の作品

ジョアン・フルークの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする