妖精の丘にふたたび 3 (ヴィレッジブックス F カ 3-13 アウトランダーシリーズ 12)

制作 : 加藤 洋子 
  • ウイーヴ
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (582ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863328310

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012年6月28日読了。

    う~~~~ん。
    酷い。ロジャーとイアンがかわいそうすぎる…。
    前回のレビューで、ブリアナが簡単に両親と出会えた…とか書いたけど、そうじゃなかった…そうじゃなかったんだけど、若い3人にふりかかる不幸がなぁ~。きつすぎるかも。

    ハッピーエンドと言い切れない、終わり方でした。

  • アメリカで自分たちの土地を開拓するクレアとジェイミー。
    二人の娘ブリアナと追ってきたロジャーが1767年のアメリカに渡ってのこの作品も下巻に来ました。
    ロジャーとは会えないまま、憂いがちなブリアナを案ずる両親。
    ジェイミーの誤解から、ロジャーは恐ろしい窮地に。
    伯母の家で待つことになったブリアナはジョン・グレイと出会い…そして、思いがけない運命が…?!
    起こりそうな危機はすべて起こりつつ、さらにスリル満点な展開。
    えらい目に遭う話もリアルな描写でガンガン進み、まとめ上げていくのは、あっぱれ。
    ロマンス物というよりは冒険物ですね。
    ソニーマガジンズから同時期に出ているんですね…謎??

全2件中 1 - 2件を表示

ダイアナ・ガバルドンの作品

ツイートする