誘惑は海原を越えて―華麗なるマロリー一族 (ヴィレッジブックス)

制作 : Johanna Lindsey  那波 かおり 
  • ヴィレッジブックス
4.14
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (451ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863329256

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • The Magic of You*Johanna Lindsey

  • 船長ヒーローxやんちゃヒロイン

    華麗なるマロリー一族第4弾

  • 〈華麗なるマロリー一族 4〉
    ヒロインのアタックに根負けしたヒーロー。さすがマロリーだ。どんな勝負にも負けないのだった。

  • マロリー一族物4作目。
    マロリー家のエドワードの末娘エイミー。
    18も間近になって社交界に公式デビューする。
    あのやんちゃ娘が綺麗になってと伯父達も驚く変身ぶり。
    前作で結婚した伯父のジェームズとアメリカ人のジョージーナの家で、ジョージ(ジョージーナの愛称)の出産が近づいたため、その前後手伝うために滞在中。
    半年前に一度見たジョージの兄に一目惚れ、結婚相手と決めていた。
    アンダーソン兄弟の中でも一番気むずかしく、女性不信で、年の離れている36歳の次男ウォーレン。
    だが、妹の出産のためにイギリスに来た彼はすぐに帰国してしまう。
    時間がないと焦ったエイミーは猛アタック。
    ウォーレンは閉口して遠ざけようとするが、美しくなったエイミーに誘惑され、この奔放さはヴァージンではなく妊娠でもして困っているのかと疑いながら葛藤する。
    事態に気づき始めたマロリー家の伯父達はもちろん猛反対。
    しかも、ウォーレンの仇敵が思わぬ関わりを‥?
    複雑な展開でスリルがあり、笑わせながらも恋愛のもつれもドキドキ。
    面白かったです!
    著者はハワイ在住。1977年作家デビュー。ベストセラーリストの常連だそうです。

  •  ④
     あ、エイミーのヒーローはこの人ですか。
     過去を持つ中年男になにもそこまで惚れなくても・・・とは思うけど。
     中国人の将軍は出てくるし、なんだか荒唐無稽。こいつはフー・マンチューか?
     

全5件中 1 - 5件を表示

誘惑は海原を越えて―華麗なるマロリー一族 (ヴィレッジブックス)のその他の作品

ジョアンナ・リンジーの作品

誘惑は海原を越えて―華麗なるマロリー一族 (ヴィレッジブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする