若者はなぜヤクザになったのか—暴力団加入要因の研究

著者 :
  • ハーベスト社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863390577

作品紹介・あらすじ

ヤクザという生き方しかできない/ヤクザという生き方を選んだ人たちは、ひとりの人間としてどのように思い、考え、悩み、生きてきたのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 20151216

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1970年福岡市生れ。北九州市立大学社会システム研究科博士後期課程修了。博士(学術)。専門は犯罪社会学。青少年の健全な社会化をサポートする家族社会や地域社会の整備が中心テーマである。メディアから暴力団博士と命名された、注目の暴力団研究者。2017年10月現在、NPO法人市民塾21特別研究員、大学非常勤講師などを務める傍ら、「人々の経験を書き残す者」として執筆活動を続けている。著書に『若者はなぜヤクザになったのか』(ハーベスト社)、『ヤクザになる理由』(新潮新書)、『組長の娘』(新潮文庫)がある。

廣末登の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

若者はなぜヤクザになったのか—暴力団加入要因の研究を本棚に登録しているひと

ツイートする