アスペルガー症候群 思春期からの性と恋愛

制作 : ニキ・リンコ  服巻智子・解説 
  • クリエイツかもがわ
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863420175

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  アスペルガー障害の人は信じやすいため詐欺にもあいやすいし、性的に搾取もされやすい。この本はアスペルガー障害の当事者の夫婦による共著ですが、奥さんのメアリーは子どもの頃から大人から性的な搾取をされたうえ、親がカルト教団に預けてしまうという大変な過去をお持ちです。
     そんないろいろな過去を乗り越えて、お二人がしあわせに暮らしているようなのにはほっとします。
     アスペルガー障害の人がさまざまな日常的なルールを覚えるのに苦労し、具体的に覚え込まなければいけないように、性の問題に関しても同じことです。しつこすぎず、適度に親密になっていくためのデートのしかた、ペッティングからセックスまでの流れなど詳しく解説されています。

  • ニキさんの訳もあるだろうけど、語り口調と文章が軽快で、楽しく読める。

    内容は、かなりプライベートな領域まで入ってて、なかなか書けないところだよなあと思うけど、すごく参考になったなー。

    センテンスが細かく分かれてて、文章のひとかたまりが短いので、
    それも読みやすくてよかった。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする