食べることの意味を問い直す―物語としての摂食・嚥下 (在宅・地域で生きる支える)

  • クリエイツかもがわ
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863421288

作品紹介・あらすじ

「食べる」という営みを通して、高齢社会における医療のあり方を地域の実践を通して考えてきた私たちの物語の一ページ-最期まで「口から食べる」ための在宅支援と地域づくりの物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • N820

  • 三葛館医学 496.8||NI

    現在の日本は、食事を摂れなくても病気や高齢者の方が生きていけるほど医療は発達しましたが、その反面飲まず・食わずで生きる意欲を失い、「生かされている」という人もいます。本書は東京多摩地域の事例を取り上げながら、どのような人でも美味しく食事ができ、生きる意欲を取り戻すための多職種連携の取り組みを紹介しています。
    本書を読むと、1人1人の口腔や健康の状態と向き合いながら、美味しく食べられる食事について考え、検討していくことの難しさも実感させられます。
                                  (うめ)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=68568

  • 491.343-タベ 300363066

全4件中 1 - 4件を表示

新田國夫の作品

食べることの意味を問い直す―物語としての摂食・嚥下 (在宅・地域で生きる支える)を本棚に登録しているひと

ツイートする