2030年の「食と農」を考える―三菱総研の総合未来読本 (フロネシス 2)

制作 : 三菱総合研究所 
  • 丸善プラネット
3.50
  • (2)
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863450356

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本の農業の課題を整理する上で参考になる一冊です。

  • とってもわかりやすくて、多角的な視点を得られます。
    食について考えるきっかけに最適かも。

  • 数値から食と農の現状と課題、将来像を捉えているところは三菱総研らしい。
    食と農について考える第一歩的な本。

  • 色々と衝撃的…
    もっと知らなければいけない。
    GM作物が気になる!
    数値はわかりやすい指標ではあるけど、それに頼りすぎても本質的には問題解決しないのでは?とか。

  • 確かに最近、農業とか自分で何かをつくるということが気になっている。
    経済的な影響もあるのかも知れないけれど、それだけじゃ無い気もする。
    便利な世の中。物質的には満たされた社会。でも何かが足りない気がする。
    そんな閉塞感から抜け出すために、地に足のついた仕事が求められるのだろうか。
    現代人ですら、社会のスピードについていけないのではないのだろうか。
    「お金」以外の幸せの測り方を見つけられれば、少しは変わるのだろうか。。。

  • カロリーベースでの食糧自給率を、現在の40% から60%まで向上させようという試み。豊富なデータから導いた可能性は信頼できるように思う。食糧自給率に関する議論の判断材料として役立つ一冊。自給率向上推進派の意見はどうしても情緒的になりがちなのだが、本書もその傾向は免れない。マクロ経済視点の反対派を説得するのは難しいかもしれない。そもそも議論の前提が共有できないのだから難しい。

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする