三菱総研の総合未来読本 Phronesis『フロネシス』〈03〉2030年の「住まう」を考える (フロネシス 3)

制作 : 三菱総合研究所 
  • 丸善プラネット
3.18
  • (0)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863450462

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三菱総研がまとめた2030年の日本の住生活像を描いている。シンクタンクらしいまとめ方である。随所にマーケティングデータが散りばめられている。キーワードは、つながり、ネット、共助。明治期以降の住文化の変遷も巻末に纏められており、とても参考になる。文化住宅の意味を理解した。

  • ロボットをシェアするマンションって夢があっていいですね。住んでみたい。


    ----
    飯島 清高

  • こんな住み方があるのか、と関心を持てた。
    空間をシェアしたり…
    隣人と仲良くなりたいと思っている人は案外多いとか…。
    もっとちゃんとわたしも考えないとなぁ…

  • 20年後から、今を考えてみませんか?

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

約760名の研究員を擁する総合シンクタンク。1970年の創業以来、独立・学際・未来志向の理念のもと、経済、企業経営、インフラ整備、地域経営、教育、医療、福祉、環境、資源、エネルギー、安全防災、先端科学技術、ICTなど幅広い領域で、時代の羅針盤としての役割を担っている。企業や国、自治体が抱える課題に先進的な解決策を提案し、その実行までを支援する。

「2018年 『知っておきたい電子マネーと仮想通貨』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三菱総研の総合未来読本 Phronesis『フロネシス』〈03〉2030年の「住まう」を考える (フロネシス 3)を本棚に登録しているひと

ツイートする