サクライ上級量子力学〈第1巻〉輻射と粒子

著者 :
制作 : 樺沢 宇紀 
  • 丸善プラネット
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863450479

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 素粒子では経路積分からファンマンダイアグラムの計算に進むスタイルが主流だが本書では演算子形式で話を進めるので量子力学の摂動論を習い終えた人がスムーズに相対論的場の量子論の学習に移れるという点で価値があります。

  • 相対論的量子力学と場の量子論に関する魅力あるテキスト。空孔理論から反粒子の生成消滅演算子への発展が丁寧。最後の弱い相互作用の記述も、ハミルトニアンの予想などに関して、理論物理学的センスを学ぶことができる。

    また、翻訳で学べて本当に良かったと思える本。とにかく独学者には訳注がきわめて示唆的で、翻訳者に深く感謝したい。

    誤植は軽微なものがわずか。
    ニュートリノの質量問題だけ時代の制約があるが、これも訳注で補われている。

  • 和図書 421.3/Sa47/1
    資料ID 2013100638

全3件中 1 - 3件を表示

J.J.サクライの作品

ツイートする