卒業生-冬- (EDGE COMIX)

  • 茜新社
4.65
  • (1255)
  • (341)
  • (107)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 5039
レビュー : 208
  • Amazon.co.jp ・マンガ (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863491281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 草壁は予想外に生真面目で、
    佐条は予想外に芯があって、
    はらせんは予想外に いい人だった。

  • 中村さんのお話はまいどまいど読むとほっこりします(´///`)

  • 今はだいじな時間なので

  • あんなに魅力的なのに…こんなにも、こんなにも当て馬だなんてハラセン…!
    高校時代の鬼のように美しいハラセン、予防線を張りきれないハラセン、上司に同情される青いハラセン、結局敵に塩を送っちゃうハラセン…等々ハラセン的見どころ多すぎて胸が熱くなりました。もうハラセン大好き。線が細くてインテリで眼鏡のあとちゃんとハラセンを愛してくれるかわいい恋人ができるといいねハラセン。頑張れハラセン。はあはあ。

  • なんかキラキラだった。若いっていいなぁ。そしてハラセンがいい味だしている。
    ……職権乱用。と、〈〈ちゃいますねん!!〉〉
    橋本先生と谷のわき役も個性的で、ゆっくりと読んだ。
    「手ぶくろをかいに」がいい。

    コミックだけど、2019年積読本消化4冊目。

  • 鬆?ェソ縺九→縺翫b縺?″繧??√◎縺?b縺?°縺壹?ゆコ御ココ縺ョ邨舌?縺、縺阪?髮ィ髯阪▲縺ヲ蝨ー蝗コ縺セ繧九→縺?″縺セ縺吶°縺ゥ縺?°窶ヲ縲

  • 2010-01-00

  • 同級生→卒業生冬→卒業生春の順。同級生は6編の収録だったけれどこちらは8編なのでそれぞれのお話がやや短めに進む、のは異議なし!だけれどこの巻は原センセの登場率がグンと高まりセンセが苦手な私はその分二人を~とかモヤモヤ心狭いことを考えた。ごめんなさい。

  • 草壁くんの焼きもちが可愛すぎる
    切なくなったりピュアさで悲鳴あげたくなったり…
    感情が忙しくなりますね

  • 同級生シリーズで一番好きな巻

全208件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中村 明日美子(なかむら あすみこ、1979年1月5日 - )は、日本の漫画家。神奈川県出身。女性。血液型O型。
小学1年生から漫画を執筆しており、2000年の大学時代に『月刊マンガF』(太田出版)の第3回エロティクスマンガ賞で佳作を受賞。同年10月、受賞作「コーヒー砂糖いり恋する窓辺」(単行本『鶏肉倶楽部』(2002年)収録)を同誌で発表しデビュー。その後も『月刊メロディ』(白泉社)、『月刊flowers』(小学館)への投稿を継続し、両誌でデビュー。『マンガ・エロティクスF』以外では、ボーイズラブ、少女漫画、挿絵などを多数の雑誌で発表している。

卒業生-冬- (EDGE COMIX)のその他の作品

卒業生―冬― 同級生 (EDGE COMIX) Kindle版 卒業生―冬― 同級生 (EDGE COMIX) 中村明日美子

中村明日美子の作品

卒業生-冬- (EDGE COMIX)を本棚に登録しているひと

ツイートする