Nightmare Catalog (EDGE COMIX)

著者 : 雪路凹子
  • 茜新社 (2013年12月27日発売)
3.58
  • (12)
  • (5)
  • (10)
  • (2)
  • (4)
  • 140人登録
  • 17レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863494053

Nightmare Catalog (EDGE COMIX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 美しい表紙からはお耽美漫画の匂いしかしませんが、とんでもねえギャグ漫画です。
    中もすべてのコマがため息出るほど美しいのにとんでもねえギャグ漫画です。
    この突き抜けた変態性はいいね、好きだよ。実に興味深い。
    どこで連載されてたのかしら…ってOPERAやないかーい!!!!さすが…

  • 絵が独特。
    下睫毛までもばさばさ。
    表紙からはいかがわしい雰囲気を感じるけれど、内容はぐるっと背を向けてギャグ展開。
    いろんな意味で濃く面白かった。

    吸血鬼の変態アシュリーは永遠の恋人を探している。
    アシュリーに作られた従者の人形ノエルはさらっと毒舌。
    そんな二人によるアシュリー恋人探しの物語。

    ***以下ネタバレ***
    人狼のテッドは、犬臭くて無理。
    悪夢のバジルは、誰でもいいバジルとは違いアシュリーは一途、ということでセフレに。
    干物のネフェルは、賞味期限切れ。
    人魚のレティは、幼い。
    日本で枕返し、天狗、九尾の狐は、有象無象過ぎる。
    ドイツでドッペルゲンガーは、器が違い崩れた。
    アメリカ・インディアンで春の風の精霊は恋人の雨の精霊と共に、春雨に。

    そしてアシュリーの魔力は消耗しノエルはただの人形に。
    ここからのシリアスターンがぐっと話しに重みを持たせる。
    死ねない身体の吸血鬼の孤独。
    ひとりにしないで、と力を振り絞りノエルに魔力を。
    そして人魚から預かったマナティの活躍で復活。

  • 耽美な絵柄からは想像できないギャグ漫画でした。
    美しいが変態な吸血鬼アシュリーと
    その助手のような人形ノエルの
    漫才みたいなやり取りが面白いです。

    色んな妖怪も出てきてそれも面白いです。
    日本へ行った時の話がすごく面白かったw
    シニカルなツッコミがキレてます。

    BLというには特にエロいシーンも
    ラブなシーンもないんですが…

    後半のアシュリーの孤独には胸が痛み、
    憎まれ口を叩きながらも彼を助けるノエルに
    しんみりしました。
    ノエルとはくっつかないんだろうか。
    (人形だからダメ?)

  • 絵がめっちゃ綺麗

  • 耽美な雰囲気を漂わせる装丁と吸血鬼モノという
    大変美味しい設定の作品ですが中身は9割方ギャグという悲しさ…。
    真面目なのは最初の1ページ目と最後の回想辺りぐらいで
    とにかく絵と内容のギャップが激しいのなんの。
    勿論、斬新という意味で言ったら面白いですが個人的には
    1ページ目のような耽美な雰囲気を貫いて欲しかったです…。

    初読みの作家さんですがイラストは線が細くとても繊細で、
    目元で言ったら睫毛の一本一本まで丁寧に描かれています。
    おそらく目元は一番力が入っている部分です。目力半端ない…(笑)
    何度も言いますが、この画力でこの内容は本当に勿体無いです。
    まさに画力の無駄遣い(笑)

    そしてアシュリーが変態と言う割にはそれを伺わせるのは台詞ぐらいで
    特に変態くさい行動はあまりしていないのが気になりました。
    エロも薄いどころかそもそもシーン自体が全然無く、
    エロい雰囲気になったと思いきやギャグに走って流れるので
    個人的には不完全燃焼もいいとこ。
    ただ、BL初心者さんには向いているかもしれません。

    とりあえずノエルの主人をゴミ屑以下にしか思っていない
    毒舌ドSキャラは凄く良いと思いました。
    特にペーパーの会話は思わず笑ってしまうほど面白かったです(笑)
    あとは人魚のレティや夢魔のバジルなど、脇役の方が
    魅力的だったりするので、やっぱり真面目に
    描いて欲しかったなぁと思わずにはいられません……。

  • 電子書籍を何となく立ち読んだら、これは自分が買わねばならんだろうと紙版即購入。
    以下アマゾンさんの紹介文↓

    永遠の時を生きつづける吸血鬼・アシュリーは
    自身の孤独を癒すため、従者の人形・ノエルを伴に世界各地へ恋人探しの旅に出るーー…。
    にもかかわらず、何故かシニカルな笑いを引き立てるダーク(ギャグ)ファンタジーの傑作!!

    絵柄は完全に高屋さん珠黎さんリスペクト系耽美絵。且つ、吸血鬼と人形なんていろいろと王道どまんなかにも関わらず、ダーク(ギャグ)ファンタジー。もとい(ダーク)ギャグファンタジー。
    一応BL括りなのかもしれないけど、その成分は変態成分に転換されたようです。

    なんかもう序盤はまだコミカルくらいだったのに、日本に来たくらいから完全にギャグ。ノリとしてはルードヴィッヒに近いが、この絵で鼻フックする勇気に完敗。
    ラストはちょっと良い話だけれど、まあおまけで…ね。
    しかしこう見ると日本の妖怪って本当に平和な奴が多いなあ…(笑)。

  • ごめん。絵が苦手。

  • お耽美なので、おバカでエロくて笑える
    ステキに狂った吸血鬼BL漫画。

    帯の
    「可愛い子の
    パシリをするのは
    正直嫌いじゃ
    ない…」
    というアオリが最高…!

    現代に生きる吸血鬼なので
    ツイッターもするし
    高尾山に観光(男漁り?)したりもする。

    変態なご主人様であるアシュリーに対する
    従者のノエルのつっこみと侮蔑が小気味よくて
    たのしすぎる…!

    装丁:團夢見(imagejack)

  • 店頭で見たとしても手に取っていたであろう美麗な表紙を裏切らない中絵!!「性癖を複雑骨折なさっているのです」…新しい遠回しな言い方だ、ツボった(笑)。主である吸血鬼のアシュリーは、ドM変態ナルシストで、自分の作った人形であるドSで主をゴミ屑以下としか思っていない毒舌魔。美麗な絵とギャグ、それはギャップ萌えを狙った手法には違いないが、狙いに乗ればいいと思う残念なイケメン好きにはたまらない一作。尚月地の『艶漢』な世界観と、ミナヅキ・アキラ系統の絵と、ノエルのアシュリーに対する慇懃無礼な受け答え、「ご冗談は存在だけになさってください」、この切り返し、ラシャーヌっぽい気がする!!悠久の時を生きるしかないアシュリーの絶対的な孤独、吸血鬼の自分と一緒にいられる恋人を探しもとめている、と言う、ノエルに言わせると単にアシュリーの下世話な性欲と欲望の塊の様なさまとの落差が「狙い」ではなく思いのほかどすんと落ちてくる。アシュリーが下半身に脳みそあり的な発言ばかりするので見失ってしまいそうになるが、作者の広範囲の知的趣味が伺えるところもとても面白い。

  • 画集。
    ストーリーについては特に面白いとは思いませんでした。
    でも絵は驚異的にいい仕事してますね。
    もう作業的。定規くらい細かい仕事してる。
    ただもうお腹いっぱいなので同じ作家さんだとちょっと買わないです。

全17件中 1 - 10件を表示

Nightmare Catalog (EDGE COMIX)のその他の作品

Nightmare Catalog (EDGE COMIX) Kindle版 Nightmare Catalog (EDGE COMIX) 雪路凹子

雪路凹子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トウテムポール
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

Nightmare Catalog (EDGE COMIX)を本棚に登録しているひと

ツイートする