グリム童話の旅 (京都書院アーツコレクション)

著者 :
  • 京都書院
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863503250

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小さい頃からグリム童話を読んで、童年を送ってきた。その時、白雪姫やカエル王様などにめっちゃ夢中している。その時、一番欲しいペットは白雪姫の中の小人だった。その時も、グリムというところが行きたかった。でも、この本を読んで、グリムは地名ではなく、たっだ筆者の氏名だとわかった。更に、グリム氏はただこの本ではなく、ドイツ辞書も書いていた。グリム童話は本当の書名が「子どもと家庭の童話」だった。私は本当に行きたいところがカッセル市だった。本の中に、グリム氏に関することはいっぱい書いた。11歳から、父親がなくなって、グリム兄弟は苦しくて、生きるため、母親の妹のところに行き寄せて、元々8年の学習だが、二人は4年で勉強し終わった。有能だから、そっちあっちの大学で教授をやってきた。フランスとの戦争のせいで、母親が亡くなってしまった。その後、カッセル市を帰って、グリム童話の第一巻を書き始まった。この旅の本により、私は絵で、グリム兄弟博物館で二人の生活用品などを見た。本のかけて、カッセルの冬景色もみた。カッセルは本当に美しいところで、行きたくなってきた。筆者を羨ましくなってきた。

全1件中 1 - 1件を表示

藤崎康夫の作品

グリム童話の旅 (京都書院アーツコレクション)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×