認知症の人を知る―認知症の人はなにを思い、どのような行動を取るのか

著者 :
  • ワールドプランニング
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (84ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863510708

作品紹介・あらすじ

認知症であっても、悲しみも、苦しみも、怒りも、そして痛みも感じます。本書は認知症の人がなにを思い、なにを望んでいるかを考えるためのものです。人として生きるためになにをすればよいのか、どのように生活すればよいのか、私たちになにができるのかを考えてみてください。

著者プロフィール

1956年生まれ。東北福祉大学総合福祉学部福祉心理学科教授。認知症介護研究・研修仙台センターセンター長。日本認知症ケア学会理事、日本老年社会科学会理事、日本老年精神医学会理事。

「2016年 『認知症になるとなぜ「不可解な行動」をとるのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤伸司の作品

認知症の人を知る―認知症の人はなにを思い、どのような行動を取るのかを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
ツイートする
×