図解でウンチク カーナビの謎を解く

著者 :
  • シーアンドアール研究所
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863540088

作品紹介・あらすじ

カーナビは米国の軍事衛星を使ってるってホント!?なぜトンネル内でも自分の位置を見失わないの?身近なのに実は超ハイテクの固まり、カーナビの技術を一挙公開。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  2009年の本なので製品周りの解説は古いが、カーナビの仕組みを知るには特に問題ない。技術の発展を感じるのは携帯電話のくだり。携帯電話にもナビサービスはあるものの、画面が小さく、扱える情報量も少ないことからカーナビには敵わないという説明がある。しかし現在においてはスマートフォンではあるが画面も大きくなり、また大量の情報も扱えるようになったことで実用に耐えられるようになっている。なにより日々アップデートすることで地図、精度、使い勝手が向上することから、わざわざカーナビを買わなくても、むしろ情報が古いままのカーナビよりもスマートフォンの方がよいという人が増えている。カーナビだからこそできることも多いが、ちょっとその辺りまでならスマートフォンで十分というのもそのとおりである。これからのカーナビがどのような進化をするのか予想をするのは難しいが、道案内はスマートフォンにまかせ、カーナビは自動運転のコアとしての機能、文字通り、車をナビゲートする役割を担うようになるのではと思う。

  • カーナビに抱いていた疑問が一挙氷解。誰かに直ぐにでも話したくなるトリビアが満載。自分の位置が分かるしくみ、地図情報とルート検索のしくみ、渋滞情報や事故情報がわかるしくみなどが、見開き2ページの項立てでコンパクトに整理されている。今後ますます進化していく状況については大きな期待を抱いて読んだ。

  • たいした中身ではなかったが、自者位置を知るためのGPS情報が理解できただけでもまずは満足。衛星の位置と時刻×3あれば地球上の位置は特定できるのだ!

全4件中 1 - 4件を表示

図解でウンチク カーナビの謎を解くのその他の作品

図解でウンチク カーナビの謎を解く (目にやさしい大活字) オンデマンド (ペーパーバック) 図解でウンチク カーナビの謎を解く (目にやさしい大活字) 青砥浩史

青砥浩史の作品

ツイートする