ソーシャル時代のハイブリッド読書術

著者 :
  • シーアンドアール研究所
3.23
  • (8)
  • (19)
  • (32)
  • (14)
  • (2)
本棚登録 : 275
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863541245

作品紹介・あらすじ

リアル書店×ネット書店、ひとり×みんな、アナログ×デジタル、読む×書く、速読×熟読…複数の手法を掛け合わせると読書は進化する。自分を成長させる読書法を大公開。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 七冊目の拙著。

  • 食事→消化、排泄→食事
    思考には情報が必要 情報→理解、要らないものは捨てる→新しい情報の取り込み

    本書で扱う読書術の対象①本の情報を入手すること②実際に本を読む行為③読了後の行動

    経済学 コモディティ化 物識りの価値は急速に低下
    テクノロジーは常に人を楽な方向に導こうとする。→どんどん頭を働かせなくなる。
    フェイスブックへコメント→考えがもやもや→「いいね!」押すだけ

    わざわざ読書をする意義 柔らかいものしか食べない→あごの筋肉の退化
    マッキンゼー T型人間 縦に深い知識 横に広い教養

    接書戦略 バイキング(歩き回る食べ放題)形式
    ネット時代の書店→本と出合える場所を提供

    ネットの蔵書管理サイト ブクログ メディアマーカー 読書メーター

    Amazonでほしい物リストを管理→実際の書店で提示してもよい。
    話題の本の要約 bukupe.com
    古典作品を無料で入手 青空文庫

    本選び→失敗の経験が選択力を上げる。

    読書の準備 目的は?趣味、学習、研究、読んだだけで終わりになるか?

    本へ書き込み→主体的に本を読んでいる感覚→読書に参加する。
    短い時間を重ねる→5分読み。 ネットを減らす。

    サプリメント本→「2時間でわかる○○」→わかった気になる→数冊読んで自分でサプリメント本がつくれれば理想

    休息を意識 英単語→睡眠を挟む 論理性→一気に行う。

    著者と対話する書き込み型読書→重要な部分は自分の言葉で言い換えてみる。英語に訳してみる。
    考えるという作業が得意でない人→考え方の方法論が不足している。

    読書ノート 最低でも1日程度時間をおいてから取りかかる。

    本田直行 レバレッジメモ→☆書類がたまり見返せなかった→ブクログへ記録

    人生のパートナー本と出会うために→100冊読んで1冊ほどの確率

    エバノ ノートリンク 読書ハブノート

    ブログを書く。→文章化、他人にわかるように書くこと→自分の理解が深まる。→自分の意見にも注目する。

    書評記事、読書感想文の書き方
    ①購入の経緯②本の対象者③著者の考えは④その考えに対する印象は⑤印象に残ったフレーズ⑥類書との違いは⑦関連する情報はあるか?メディア、映画…

    電子書籍 新しい本の形→新しい物事=不確実な要素が付きまとう☆今から将来を予想しておくこと。(ネット、携帯、音楽配信 予想できたか?)

  • いわゆるオススメ本の紹介はひとつもなく、読書術に特化した内容。
    基本的に書かれている内容で真新しいものは少ないがタイトルとおりハイブリッドという、物理的な環境である本や書店と、ITを駆使したクラウド、ソーシャルメディアを利用した本への接し方について、わかりやすく書かれている。
    すべて従うと読書することに疲れてしまうが、思考整理のための読書をするには書かれている内容を試すのことは有効だと思う

  • 読書

  • Reading

  • 縺??繧薙?√←縺」縺九〒閨槭>縺溘%縺ィ縲∬ェュ繧薙□縺薙→縺ョ繧ェ繝ウ繝代Ξ繝シ繝峨□縺ェ繝サ繝サ繝サ縲
    縺昴l縺ッ阮?¥縺ヲ譁?ュ励?繝昴う繝ウ繝医′螟ァ縺阪>縺ョ縺ォ繧る未繧上i縺壼盾閠?枚迪ョ縺悟、壹>縺ィ縺?≧縺薙→縺ォ繧ら樟繧後※縺?k縺後?縲る。樊嶌縺ッ螟ァ讎りェュ繧薙〒繧九s縺ァ逋コ隕九?辟。縺励?
    縺」縺ヲ縺?≧縺九?√Γ繝?ぅ繧「繝槭?繧ォ繝シ縺ョ繝ヲ繝シ繧カ繝シ縲√%縺薙s縺ィ縺薙Ξ繝吶Ν關ス縺。縺ヲ縺ェ縺?シ溘%繧後′荳雁濠譛溘?繝吶せ繝医そ繝ゥ繝シ縺ォ蜈・縺」縺ヲ縺。繧?ム繝。縺?繧茨シ

  • -

  • メディアマーカーの献本でいただいた本。

    久しぶりに読書術の本を読んだが、著者も文中で語っているように、目新しい読書術の本ではなく、これまでの読書法をまとめたものと言った方がよい。だからこそのハイブリッド(組み合わせ)。

    読書術の本だが、著者の問題意識は、読書ではなく、「自分の頭を使うこと」にある。
    FBの「いいね」で済ませてしまい、頭に浮かんだモヤモヤを言葉にしない、という記述や、本を見ながら話していたという新人占い師の話からもそう思える。

    気になる読書ノートについては、読了直後ではなく頭が冷めてから、という指摘は、そういう考えもあるのか、と思った。これまでは、忘れないうちに・・・と思っていたので。
    また、「情報の関係性を脳内に取り込む必要のない」本や、「レバレッジメモを作成するだけの本」という表現は目から鱗。言われてみれば確かにそうなのだが、自分のなかでは、レバレッジメモ=読書メモだったので、メモを作る本というのは上等な本、というイメージだった。

    読書感想を引き出す7つの質問というのは使える。私もブログで書評的なものを書くときや、読書メモを書くときには、同様の考え方で、フォーマット化をしていた。最近は使ってないが。

    読書×EVERNOTEに興味がある方にオススメです。

    [more]
    (目次)
    1 自軸を作る読書術
    (これからの読書スタイル「ハイブリッド読書術」 読書の技術、その前に ほか)
    2 リアルとウェブで本と出会う
    (シンプルな接書戦略 接書戦略の2つの要素 ほか)
    3 速・精・熟を組み合わせるハイブリッド読書術
    (本の読み方を考える 読書の準備を整える ほか)
    4 Evernoteにクラウド読書ノートを作る
    (読了後に何をするのか 読書ノートに関する注意点 ほか)
    5 新しい読書の可能性
    (新しい読書とは? ソーシャルリーディングとは ほか)

  • 購入の経緯:Amazonのおすすめで、タイトルみてピンと

    対象読者:ソーシャルや読書の初心者向け

    筆者の考え:読書の意義を再確認し、実行可能なものを、いろいろ組み合わせて。
    その考えへの自分の感想・印象:スタンスは同感。紹介されているツールやスタンスはだいたい既存の読書術に載っているもの(のうち特に基本的なもの)が多いが、ソーシャルメディアやデジタル読書と無理なく組み合わせて新しいスタイルを提案しているところは面白い。最後の「Chapter5 新しい読書の可能性」が最も面白かった(逆に言うと他はそんなに目新しくなかった)。

    印象に残ったフレーズ・センテンス:特になし

    類書との違い:デジタルやソーシャルを礼賛し過ぎということがなく、ツールに振り回されず、自然に組み合わせているところ。また、著者の売りであるEvernoteを無理なく紹介している読書システムの中に据えているところは他の本では読めないと思う。

    関連する情報:書中で紹介されているウェブサービスなどの一部は、この本をみて新たに登録した。「電子書籍サーチ」「ブクペ」「新刊.net」など、Mediamakerは前から使っていたが、Evernoteとの連携方法は新しく、早速導入した。

  • ウェブで本の情報を探すサービスとか知らなんだ: Meet Up 大阪 @ blog
    http://meetuposaka.seesaa.net/article/442419314.html

全32件中 1 - 10件を表示

ソーシャル時代のハイブリッド読書術のその他の作品

倉下忠憲の作品

ソーシャル時代のハイブリッド読書術を本棚に登録しているひと

ツイートする