新米主任 ITIL使ってチーム改善します!

著者 : 沢渡あまね
  • シーアンドアール研究所 (2015年11月26日発売)
3.38
  • (2)
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863541894

作品紹介・あらすじ

IT知識不要!小説型ITIL応用の指南書・第2弾!チーム力向上の「道しるべ」にITILを活用しよう!中堅化粧品メーカーで主任に昇格した友原京子。異動になったのは、問題だらけのハチャメチャ部署だった…。英国生まれのIT運用ノウハウ「ITIL」をチーム改善に活かすための小説型の指南書。悩めるチームリーダーに読んでもらいたい1冊!

新米主任 ITIL使ってチーム改善します!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ITILの教材にはならないけど、業務改善の教材にはなる。
    それ以上に小説としての面が強い。ただかなりクサい。

  • 「新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!」(http://booklog.jp/item/1/4863541708)の続編です。

    ただ、両方読むことで知識が深まるというよりは、

    ・理論・知識面をしっかり説明することにより重点をおいたのが「新人ガール」
    ・難しい話を極力排し、ストーリーをよりリアルにして、勉強ギライな人にもより読みやすくしたのが「新米主任」(つまりこっち)

    というイメージでした。

    自分がどっちのタイプかによって、どちらか片方読めば、お勉強としては十分かなー・・・(・_・;)

    IT業界の人で、ITILの知識をつけるための入門編として読んでみたい!という人には、こっちだとさすがに知識面の説明が少なすぎなので、「新人ガール」の方をオススメします。

  • うーん。
    前半は仕事の数値化による改善の仕組みをコールセンターに落とし込んでいき、後半で数値でがんじがらめにするのは良くないよという話になる。
    前作と違って殆ど全編小説ですっと頭に入るんだけど、その分、濃度は低く、中身が薄い。

  • 前作よりストーリーに寄った感じで、テーもが絞られたのでわかりやすくなってるのでは。エンディングはちょっとクサい。

  • 入門としてとても読みやすい内容なので、仕事の気分転換にもなります。

全5件中 1 - 5件を表示

新米主任 ITIL使ってチーム改善します!のその他の作品

沢渡あまねの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
佐々木 圭一
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

新米主任 ITIL使ってチーム改善します!はこんな本です

ツイートする