これだけは知っておきたい年中行事の常識 67 起源・いわれ、習わし・風俗

制作 : 長沢ヒロ子 
  • 一藝社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863591837

作品紹介・あらすじ

年中行事のいわれを知っていますか?
日本列島には四季があります。その上.南北に細長く自然や文化が実に多彩で豊かです。その豊かさが立体感をもって現れるのが.年中行事と祭礼です。
春には花が咲き実を結ぶことを祈る祭。神様を歓迎して豊作を祈ります。
夏には水の祭。海や川から先祖霊を迎え、厄神を退散してもらいます。
秋には収穫感謝祭。「花鳥風月」とりわけ月の霊の訪れを待ちます。
冬には神様をもてなす祭。季節が順調に巡りくることを約束してもらいます。
本書では、これらの伝統行事と祭礼を中心に、現代の行事、記念日、外国の行事も取り上げ、イラストを多様して解説しました。理解の助けとなるよう、暦や方位の項目も設け、多くの昔話・伝説にも触れています。
本書の冠婚葬祭の項目で、年中行事とは、季節の巡りに従って展開された暮らしの図式である、としました。読者の方々には、できれば、正月から順番に読み進めていただくよう願っています。必ずや、なるほど、との実感が得られると思います。

著者プロフィール

元・國學院大學日本文化研究所研究員
目白大学人間学部子ども学科非常勤講師

「2018年 『これだけは知っておきたい年中行事の常識 67 起源・いわれ、習わし・風俗』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大沢裕の作品

これだけは知っておきたい年中行事の常識 67 起源・いわれ、習わし・風俗を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする