絵が語る知らなかった江戸のくらし 諸国街道の巻 (遊子館歴史選書 13)

著者 :
  • 遊子館
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863610026

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江戸時代に描かれた絵を見ながら当時の庶民の暮らしを解説している。被差別民の様子など、これまで読んできた江戸本にはあまり触れられていない部分にも言及している。

    特に興味深かったのは、

    ●江戸時代はお百姓さんも読み書き計算ができた。彼らが無学になったのは明治になってから(P68)。

    ●江戸という大都会の長屋は狭すぎて、収入の少ない町人が結婚して子どもを育てるのは不可能だったらしい(P115)。今の都会の子育て事情とおおいに通じるものがある。


    なお、最終章の「情事と犯罪」は、江戸時代の残忍な部分が語られており、思わず顔をしかめてしまったが、こういう黒い面も知る必要があるだろう。

  • 数多く江戸時代の絵を載せているのは有難いが、著者のつけている文章は首を傾げる部分も多く、割り引いて見る必要はある
    あと著者の専門分野のようだが脈絡なく被差別民の話題を出してきたり、政治的正しさの面でも多少問題あり

  • 江戸、京、大阪や五街道以外の暮らしについての本です。図版が沢山入っているので、面白いですね。

  • 史料に描かれた絵から、江戸時代のくらし(この巻は旅に関するのもが中心)を読み解く。ちょっとしたトリビアのような。「絵」はたくさんの情報を今に伝えているなぁと感じた。でも「描かれている絵がすべて正しいとは限らない」とのこと。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

2015年10月現在立命館大学政策科学部教授

「2016年 『東日本大震災からの地域経済復興』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本田豊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする