提案前夜 (新鋭短歌シリーズ3) (新鋭短歌 3)

著者 :
  • 書肆侃侃房
3.60
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863851139

作品紹介・あらすじ

前夜を生きる。<br>廃墟と化した現代短歌に、この青年は<br>何を提案しようとしているのだろう。<br>加藤治郎(解説より)<br><br><br><自選短歌五首><br>全身が痺れるような提案のキラーフレーズ浮かばぬ夜は<br><br>配管のうねりを闇にみるばかりみな吊革に腕を垂らして<br><br>たましいのごとき一枚ひきぬけば穴暗くありティッシュの箱に<br><br>ひとりぶんの灯りの下でキーに打つ変更後機器明細三〇〇〇行<br><br>追い越してゆく追い越してゆくタクシーは真夜の光を追い越してゆく<br>

全1件中 1 - 1件を表示

堀合昇平の作品

ツイートする