涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)

著者 :
  • 書肆侃侃房
4.60
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863851528

作品紹介・あらすじ

紀行ガイドシリーズ、KanKanTrip 第9弾!

食は中国にあり、味は四川にあり

世界三大料理の一つ・中華料理。そのなかでも麻婆豆腐や担々麺など「麻辣」(マーラー、しびれる+辛い)の味付けが特徴的で、庶民に広く愛されているのが四川料理です。四川省の省都・成都は2010年にアジア初のユネスコグルメ都市にも選出された、いま注目の街! そんな成都で4年間、200店舗以上を食べ歩き、その魅力を知り尽くした著者による、成都のグルメ完全攻略ガイド。【掲載料理143種・店舗81軒】

“僕も知らない四川がここに!!”
“麻辣咸甜酸苦香”すべての旨味と魅力がここに!!まさに、四川料理のバイブルです!!
読めば、必ず四川に行きたくなる!!四川を愛する料理人として絶対おすすめです!!
陳建太郎 赤坂四川飯店 3代目

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 素晴らしい本。
    本場の四川料理店に興味がある人には神本。

    地元の名店を写真と詳細な現地情報付きで
    これでもかというくらい載せてくれてる。

    ネットでもなかなか手に入らない情報。
    よくこれだけマニアな本を出版してくれました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1978年生まれ、島根県松江市出身、フランクフルト在住。アジアを中心に放浪し、行きついた場所は四川省。2003年~2006年まで成都に滞在し、四川料理の魅力にとりつかれる。日本帰国後も四川料理を食べ歩き、もっと本当の四川料理を世界に発信したいとWebサイト「おいしい四川」を立ち上げる。

「2014年 『涙を流し口から火をふく、四川料理の旅』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中川正道の作品

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)を本棚に登録しているひと

ツイートする