サイレンと犀 (新鋭短歌シリーズ16)

著者 :
  • 書肆侃侃房
4.43
  • (15)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 171
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863851665

作品紹介・あらすじ

命を見据えて現代を探る
見なければ、考えなければ、どうってことなく過ぎていくものばかりである。
しかし、書かずにはいられない。
東 直子(解説より)

<自選短歌五首>
もういやだ死にたい そしてほとぼりが冷めたあたりで生き返りたい
ともだちはみんな雑巾ぼくだけが父の肌着で窓を拭いてる
河川敷が朝にまみれてその朝が電車の中の僕にまで来る
そうだとは知らずに乗った地下鉄が外へ出てゆく瞬間がすき
つよすぎる西日を浴びてポケットというポケットに鍵を探す手

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 若いとき買ってまでした苦労から発癌性が検出される
    #あと二時間後には世界消えるし走馬灯晒そうぜ
    「強く押すボタン」を弱く押したのに鳴って止まない火災報知器
    すこしなら逆に体にいいという噂を信じ毒を飲む顔
    ノーメイク、セルフカットのきみだけど裏地のボアのにおいは女
    座ってただけだったのに誌上での僕は何度も(一同笑)
    終わらない痛みのように立ち上がるアップデートの通知を閉じる

  • 他の質問板関連で現代短歌について軽く調べてて、何人か気になる歌人がいて彼もその一人。
    うちの職場近辺ではこれくらいしかなかった。(国文や芸術系学部があるところならまた違ったんだろうけどね~)

    タイトルは『サイレンと犀』なんですけど、カバージャケットには「Silent Sigh」とも表記してあって、森博嗣の『封印再度 Who inside』を思い出した。
    表紙も色んな色の三角の旗が淡い水彩調で描かれててオシャレ。

    引用するのは控えるけれど、あるあるな短歌から、苦いもの、怖いもの、よくわからないもの、実験的なものまで色々。

    詩歌集は本当はじっくり何度も読むものなんでしょうけれども、借り物なのでもうちょっとだけパラ見したら返そう。

    監修・解説 / 東 直子
    装画・挿絵 / 安福 望
    装丁 / 駒井 和彬

  • 解説で東直子さんも述べているように、帯にも載ってる代表作「もういやだ死にたい、そしてほとぼりが冷めたあたりで生き返りたい」とか、「母と目が初めて合ったそのときの心でみんな死ねますように」とか、まさに本音の祈りを飾らない言葉で表現した作品が印象的。

    また、「忘れたくないものを短歌にしている」とあとがきで書かれているが、その瞬間の何とも言えない気持ちとか、表情とか、空気とか、そういうのを一首読むことで思い出せるのが岡野さんの短歌。その時の風、気温、空気が読み手に伝わってくる。

    あと、岡野さんの短歌に興味を持つきっかけにもなった、装画、挿絵がすばらしい。もっともっと載せて欲しいくらい。

  • 岡野大嗣 短歌 マーブルの水ヨーヨーが地を叩く世界が消えるときは一瞬 くもりのちあめのちくもりくちべにをひく母さんのてつきはきらい 雨やみに遊具からの血の香りしてほんものの血のにおいに混じる 先生と弁当食べる校庭のレジャーシートの海はまぶしい 象印マホービンから美しい世界の果ての波のさざめき 豆腐屋の湯気がここまでやってきて狛犬ちょっといい顔している 抜けるほど青い空って絶望と希望を足して2で割った色? 返歌 目覚むほど橙色は願望と羨望掛けて平方根出す

  • 食器と食パンから。
    何度も読んでしまう。朝起きたらいつも適当なページを開いて読んでいる。寝る前に覚えたものを繰り返し唱えてしまうくらい好き。
    日常に潜む些細なことや、日常の中の非日常がまるで現実に起こったかのような不思議な錯覚に陥ってしまう短歌ばかり。

  • 2016年2月15日読了。
    言葉選びが鋭くて、でも柔らかい。
    すばらしくよかった。

  • 妄想やイメージを膨らませるより、日常生活を切り取った歌が多い。読みやすくすっと頭に入ってくるが、日常の切り取り方に、自分も含めた世界全体を外から眺めているような、孤独を感じる。今生きているこの世界は何だろうか。死んでいくとはどういうことか。など、根本的な問いが歌の背後に感じられ、読んでいてたまに苦しくなるが、視点にユーモアがあるのでそこまで重い印象を受けない。

  • ユーモアと切なさと、ときにナイフを突き付けられたような言葉たち。ナイーブで柔らかなイラストと相まって、端的に心を揺さ振る。

  • そっと影を落とすような、ぎゅっとえぐるような歌ばかり。
    繰り返してページを繰りたくなる歌集。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年大阪生まれ。2011 年に短歌を始める。まもなく木下龍也の作品に出会い、刺激を受けて作歌を続ける。2012 年、結成当日解散型不定形ユニット「何らかの歌詠みたち」を始動、短歌朗読をしたり作品集をつくる。2013年、田中ましろの企画・制作による「短歌男子」に参加。2014年、連作『選択と削除』で第57回短歌研究新人賞次席。

「2014年 『サイレンと犀』 で使われていた紹介文から引用しています。」

サイレンと犀 (新鋭短歌シリーズ16)のその他の作品

岡野大嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

サイレンと犀 (新鋭短歌シリーズ16)を本棚に登録しているひと

ツイートする