カンボジア・ベトナム・ラオス 長距離バスでめぐる世界遺産の旅 (KanKanTrip)

著者 :
  • 書肆侃侃房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863851887

作品紹介・あらすじ

カンボジアの「アンコール・ワット」、ベトナムの「ハロン湾」、ラオスの「ルアンパバーン」。3つの世界遺産はあなたにとって、どれも人生で一番の〝遺産〟になるかもしれない素敵な場所ばかりです。

紀行ガイドシリーズKanKanTrip第11弾!
青い空の下では裸足の子どもたちが元気に走り回り、料理もおいしく、デザートも魅力的。夜になると、暑かった日中の疲れを癒してくれるビールがよくすすみます。かわいい小物が並ぶ市場では、あれこれと目移りして、マッサージやスパも格安ときたら、楽しい旅にならないはずがありません。
一方でこの3カ国には、人やモノや街の片隅など、あらゆる場面で過去の戦争の傷跡が今も残ります。楽しく陽気に暮らしながらも、ふとしたときに見せる人々の寂しげな表情は何を物語るのか。いろいろと考えさせられた旅の記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カンボジアに旅行するために購入。アンコールワットはやはり行くべきか?

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1981年2月14日生まれ。長崎県の五島列島(新上五島町)で高校3年まで過ごす。高校卒業後、早稲田大学商学部入学。学生時代は出版サークル「ザ・ワセダ・ガーディアン」で受験生向けの雑誌の制作など酷くも楽しい学生生活をおくったのち、テレビ番組制作会社を経て、共同通信社佐世保通信員、広島支局員。最初に行ったカンボジアで、アンコールワットの素晴らしさに惚れ、休みが取れると通うようになる。日本国内の好きな旅行先はハウステンボス。

「2015年 『カンボジア・ベトナム・ラオス 長距離バスでめぐる世界遺産の旅』 で使われていた紹介文から引用しています。」

江濱丈裕の作品

カンボジア・ベトナム・ラオス 長距離バスでめぐる世界遺産の旅 (KanKanTrip)を本棚に登録しているひと

ツイートする