あひる

著者 : 今村夏子
  • 書肆侃侃房 (2016年11月18日発売)
3.48
  • (25)
  • (90)
  • (96)
  • (20)
  • (4)
  • 本棚登録 :787
  • レビュー :113
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863852419

作品紹介・あらすじ

■あの第155回芥川賞候補作、待望の単行本化!
文学ムック「たべるのがおそい」創刊号に掲載された注目の表題作ほか、書き下ろし2編を収録

【新たな今村夏子ワールドへ】
読み始めると心がざわつく。
何気ない日常の、ふわりとした安堵感にふとさしこむ影。
淡々と描かれる暮らしのなか、綻びや継ぎ目が露わになる。

あひるを飼うことになった家族と学校帰りに集まってくる子供たち。一瞬幸せな日常の危うさが描かれた「あひる」。おばあちゃんと孫たち、近所の兄妹とのふれあいを通して、揺れ動く子供たちの心の在りようを、あたたかくそして鋭く描く「おばあちゃんの家」「森の兄妹」の3編を収録。

あひるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どこにでもあるような家族の不思議な手触りの三つの物語。
    あらすじを聞いても全然そそられないかもしれないけれど、これを読まないで今年を終えたらきっと後悔すると思う。5年後とか10年後に、きっと後悔する。そんな一冊。
    しかしなんだろう。このざわざわとした感じは。
    読んでいる人の皮膚の下を動き回るような、そんな落ち着かないざわざわした感じがくせになりそうで。
    普通の毎日、何気ない日々、当たり前の時間。そういうものを少し斜めから見ている視線。
    こういうなんかよくわからないけど読んだ後、ずっと時間が経ってから何かの拍子に表にぽんっとでてくるような、そんな物語を描く人なんだな。

  • <感想>
    読書芸人で光浦靖子が紹介していた作家「今村夏子」さんの本。
    以前から気になっていたため購入、読了。

    全体に漂う「違和感」、「気持ち悪さ」、「怖さ」何だろうこの作品は。
    今まで色んな本を読んだが、この作風・読後感は唯一無二ではないだろうか。
    ホラー作品とも違う、人間の内面を描くこの深くエグってくる感じの怖さは、ある意味でそれ以上だ。
    一方で、気付いたら抜けられなくなっている中毒性がある、これがまた不思議だ。

    個人的には「あひる」が一番印象に残った。
    のりたまの替え玉を用意する父親、宗教にのめり込んでいる母親、そして感情が見えず・何となく無気力な主人公、作品全体に不穏な空気感を漂わせる要素が散りばめられている。

    作品としてはこの家族の異質さが最も目立っている。
    だが一方で、個人的には別のテーマがあるように感じた。
    それは「人の興味の移り変わりの残酷さ」だ。

    この家族は最初は「ニワトリ」を飼っていた。
    だが、いつの間にかいなくなってしまっていて、このニワトリ小屋を取り壊す形で「あひる」が飼われ始める。
    そして今度は「あひる」から「弟の子供」へと関心が移り、あひる小屋は撤去されブランコとなる。

    これは、物語の裏でも同じことが起こっている。
    あひるをくれた新井さんは、あひるを忘れて今は子供の家族と幸せに暮らしている。
    家に遊びに来ていた子供達も、誕生日パーティーには結局来なくなり、家からも離れていってしまう。

    これは別に異質な家族だけに限定されたことではないように思う。
    何となく人間の暗い部分を見つけたような、そんな気持ちになった。

    新たなジャンル、作家さんを探していたので、そういった意味ではとても良かったように思う。
    その他の作品も読んでみようと思う。
    芥川賞を受賞する日も近そう。

    <印象に残った言葉>
    ・おかしい。これはのりたまじゃない。(P19)

    ・三びきとも?(P55、女の子)

    ・のりたまの小屋は工事が始まると同時に潰された。庭にブランコを置くのだそうだ。(P62)

    <内容(「Amazon」より)>
    読み始めると心がざわつく。
    何気ない日常の、ふわりとした安堵感にふとさしこむ影。
    淡々と描かれる暮らしのなか、綻びや継ぎ目が露わになる。

    あひるを飼うことになった家族と学校帰りに集まってくる子供たち。一瞬幸せな日常の危うさが描かれた「あひる」。おばあちゃんと孫たち、近所の兄妹とのふれあいを通して、揺れ動く子供たちの心の在り様を、あたたかくそして鋭く描く「おばあちゃんの家」「森の兄妹」の3編を収録。

  • 怖い。
    一見ハートフルとも思える始まり方で、じわじわと、気がつけば脱出不可能な、地獄のような日常に追い詰められている恐怖。
    読後しばらくは謎の焦燥が止まらない。

  • 「あひる」「おばあちゃんの家」「森の兄妹」
    読み手によって受け取り方がかわってくる不思議な物語。私はどうしてもネガティブに深読みしてしまう傾向が強いので灰色ぽく感じてしまった。

    「あみ子」の時もそうだったけど、時が止まった昭和の夕暮れから夜…みたいな雰囲気がこわかった。今作ではますますホラー感が増していて、読み終えてからすぐに読み返しました。すごいとは思ったけどざわざわして何とも言えない…。

    物語の中で“お彼岸のおはぎ”が出てきたけど、いまちょうどその時期でシンクロしてぞわっとした。

    この単語は何にかかっていくのだろう…と、文章の句読点や区切りが不自然で数か所意味が分からなくて、何度も読み返した部分がある。(これたぶんわざとこうしてるんだろうなぁ…)ホラーやイヤミスもイケるんじゃないかな。あひるという単語を調べた。

    自分の子供の頃の行動にも心当たりがあり過ぎて、読むたびにあの頃が浮かんで不安になる今村さんの作品。境い目がハッキリしない良さとこわさがごちゃごちゃに…。(面白いという感覚ではないけど最終的に4回ほど読み直した)

  • 【郷愁をさそう】

    芥川賞候補となった小説を読んでみました。
    この本は「アヒル」「おばあちゃんの家」「森の兄妹」の三編で構成されています。
    私は読むのは遅いほうなのですが、すぐに読めました。早い人は数時間で読めるボリュームです。

    この本を読みながら思い出すのは田舎にある実家で過ごした小学生時代や、もっと田舎にあるおばあちゃんの家でした。

    友達の家のすぐ裏には山がありすぐに木の実を食べられる環境でした。また、田舎のおばあちゃんの家はおじさんの家の敷地内にある二間しかない小さな家で、まさにインキョという感じでした。

    郷愁をさそわれました。

    また表題作の「アヒル」は、主人公の両親が抱えるさみしさのようなものが伝わってきて、少ししんみりしてしまいましたが、ラストはほのかにあったかくなります。

    「おばあちゃんの家」と「森の兄妹」はつながっているんですね。なぜみのりがおばあちゃんのことでざわざわしなくなったのか、わかりました。

  • 森の兄弟 傑作

  • なんかスッキリしない本だった。大きな衝撃などは何もなく、たんたんと運ぶ物語。こんなに何も感じない本があるのだなって。読んだばかりなのに、もう内容を忘れようとしている。普通の家族の普通の話。なのに、何か気持ち悪い。

  • ようやく読み終えることができた。表題作「あひる」は少し前に読んだけれど、日本の純文学を読むのは久しぶり。
    『こちらあみ子』でもそうだったけれど、この人は独特の「不穏な空気」を書くのがとてもうまい。日常のあるかもしれない、あるいはありそうでなさそうな、そのギリギリのラインをついてくる。

  • 子どもの頃、とても多感な人だったらこのザワザワ感が分かると思う。読んだあとに気持ちがスッキリするものではないけれど、こんな短編小説が読みたかった。

  • 今村さんってなんでこんなにゾワっとする作品を書くのが上手いんだろう…すごいぞわぞわした。とくに芥川賞候補に挙がった表題作のあひるがぞわぞわ。止まらない。
    星の子でも宗教的に触れてたけどなんか縁があったのかな、宗教的なことに、と思ったり。
    あひるののりたま…ぞわる。
    おばあちゃんの家も不気味すぎて怖いし、怖いというか本当に起きそうで怖いし…面白かった! すごーく。

全113件中 1 - 10件を表示

あひるのその他の作品

あひる Kindle版 あひる 今村夏子

今村夏子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あひるを本棚に登録しているひと

ツイートする