• Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863852570

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【巻頭エッセイ】
    小川洋子  Mさんの隠れた特技

    【特集〈Retold漱石・鏡花・白秋〉】
    倉田タカシ あかるかれエレクトロ
    最果タヒ 漱石さん
    高原英理  ほぼすべての人の人生に題名をつけるとするなら ★

    【小説】
    相川英輔 エスケイプ ▲
    今村夏子 白いセーター ●
    西崎憲 一生に二度 ★
    ノリ・ケンゾウ 虫歯になった女 ▲
    星野智幸 乗り換え
    山尾悠子  親水性について ★

    【短歌】
    井上法子 竹中優子 永井祐 花山周子

    【エッセイ】
    杉本一文
    藤原義也  ●

    【翻訳】
    セサル・アイラ 柳原孝敦訳  ピカソ ★
    黄崇凱 天野健太郎訳 カピバラを盗む

  • ずっと気になっていた文学ムック。福岡ポエイチの、書肆侃侃房さんのスペースで、まずは大好きな小川洋子さんが載ってるこれから…と思い選びました。始めの小川洋子さん、エッセイとなっていますがラストになるにつれ様子か変わるのが面白かったです。高原英理さん、山尾悠子さんの作品もとても好きです。「カピバラを盗む」も面白かったです。結構、政治的な世界を描かれてるのだなと思いました。1、2と、来月出る4も読むのが楽しみです。そしてすみません、スペースでも推された今村夏子さん、どうやら苦手なようです。暗さしか感じられないのが、読んでいて心地よくないです。。

  • 今村夏子はしばらく注目しておこう。

  • 今村夏子「白いセーター」が目当てで読み始めましたが、小川洋子、西崎憲、星野智幸、山尾悠子、セサル・アイラ、黄崇凱など楽しく読めました。

  • 「駅のように見えるけれど、鬼なのですよ。」
    倉田タカシさんのあかるかれエレクトロがずっとこだましている。
    セサル・アイラもよかった。おっという導入から最後のまとめかたの、「ちゃんちゃん」感が、好きだった。カピバラの話も、切り込んでいた。永井祐さんのぽつりと俳句もよかった。
    たべるのがおそい。

  • 一気に読んでしまった。。。アンソロジー(私にとってこれは雑誌ではなくアンソロジー扱いです)はコンセプトアルバムだと思っているので、最初から最後まで順番に読むことにしています。
    冒頭の小川洋子からして、エッセイというより、ぎゅっと絞った慎ましくも濃いフシギ話。どれもハズレはないんだけど、今回の発見は相川英輔とノリ・ケンゾウでした。短歌もいいなと思うものが多かった。

    いやあ面白かった、と閉じる幸福な午後。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

文学ムック たべるのがおそい vol.3のその他の作品

小川洋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

文学ムック たべるのがおそい vol.3を本棚に登録しているひと

ツイートする