ライナスの毛布 (ユニヴェール6)

著者 :
  • 書肆侃侃房
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863852785

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • p7 ドラセナに水をあげてはダメですか?課長部長社長・・・・・枯れます! 
    p10(雨の日は滑りやすいのでご注意を手は出しませんのでご安心を) 
    p11 耳たぶにちいさなホクロをみつけたの雨って実はときどきあまい 
    p27 突然に氷はカランと水のなか脳に酸素を運べなくなる 
    p31 「あの、主任お水をあげてはダメですか?最後の一葉はまだミドリです」 
    p77 ライナスの毛布になって包む夜のしんしん積もる二月のひかり 
    p110 たきたてのおこめのうえに黄身だけをのせて白身はみそしるにとく

  • へー「名作少女漫画二十八作を短歌で表現」

    書肆侃侃房のPR
    ひうらさとる『ホタルノヒカリ』
    鳴らないねわかってたわかってたけどわからないから待ってたんでしょ
    【少女漫画の短歌化】チョコより甘い恋があるってホントですか? より

    「なんてこと! 全15巻が一行に!」
         ――ひうらさとる(漫画家)

    矢沢あい、東村アキコ、くらもちふさこなど名作少女漫画二十八作を短歌で表現した連作「チョコより甘い恋があるってホントですか?」、一一〇首からなる大連作「メリーゴーゴーラウンド」を収録。
    http://www.kankanbou.com/kankan/?itemid=830

  • 短歌集。

    短歌で綴る恋愛物語。
    少女漫画を短歌で表す。
    二部は歌人の日常を歌う。

    前半の連作は、恋愛ドラマを観ているよう。
    ユウかミカかと聞かれたら断然ユウに肩入れする私。
    でも、世の中はミカのような子が
    圧倒的にいろんなものをかっさらっていく。
    狡いのか強いのかわからないけれど。
    多分、これがドラマなら、
    シュウもシュウよねとディする自分が見えるようだった。

    中盤は
    少女漫画への溢れる愛が歌われている。
    少女漫画の名作を一つの短歌で表すと・・・
    私はほとんど漫画を読まない。
    皆が少女漫画に夢中なころ、たしかに
    少しは読んだけれど、あまりタイトルも覚えていないのだけれど
    それでも、近年の実写化なんかで知っているものも。
    熱く熱く歌うその歌はたった一行で
    私を漫画を読んだ気にさせる。
    熱い思いだわ、全く。
    きらきらのおめめの向こうに向日葵が映るようだ。

    二部は作者の日常のようである。
    祖父母のこと、妹のこと
    恋人のこと、恋人が夫になる日のこと。
    それも、歌人の好きな少女漫画の中の世界に
    リアリティがスパイスに加わったようだ。
    夏が始まる前に新しい下着を買い求める歌がなんか好き。
    確かに、丁寧過ぎて恥ずかしいことあるよね。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする