感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 芥川賞候補作「ディレイ・エフェクト」読了。著者らしい、しかしわかりやすい設定のSF短編。ガイブンぽいかも。しかし急に終わるのが、なんか寂しい。

  • 芥川賞候補作となったディレイ・エフェクトが軸。町田康の短編もなかなかの出来映え。

  • 宮内悠介さん「ディレイ・エフェクト」(『文学ムック たべるのがおそい』 vol.4)
    第158回芥川賞候補作

  • ■巻頭エッセイ
     皆川博子

    ■特集:わたしのガイドブック
     澤田瞳子 谷崎由依 山崎まどか 山田航

    ■小説
     木下古栗「人には住めぬ地球になるまで」晩秋、建て替え中のビルについて問われ、3か月前を思い出す……
     古谷田奈月「橙子」★可愛らしい仕草のお父さんに、橙子はこのところ違和感。高校入学説明会の帰り、お父さんはバスを一駅ぶん歩こうと言い、橙子は乗って、合流することに……
     町田康「狭虫と芳信」広原狭虫がぼくジュニーに頼んでくる、「大願王芳信がうちからものを盗むが、その反動で美味しい仕事が入るようになった。のに、最近は盗まない。盗みを働くよう仕向けてくれないか……
     宮内悠介 「ディレイ・エフェクト」1944年の風景が、現在に二重写しになって、しばらくして。音楽のディレイ・エフェクトのような状況を、人々は受容しつつある……

    ■短歌
     伊舎堂仁 國森晴野 染野太朗 野口あや子

    ■エッセイ
     辻山良雄 都甲幸治

    ■翻訳
     アルフォンス・アレー「風変わりな死」★水彩画で……
     マルセル・シュオッブ「眠れる都」★海賊の集団が見つけたのは、時間の制止した町……
     マルセル・ベアリュ「小さな少女がパリにやってきた」★すれ違う人々に体の一部を……
       (西崎憲訳)
     マルレーン・ハウスホーファー「さくらんぼ」宗教の時間にわざとスペルを間違う遊びをしていたところ……「雌牛事件」家には様々な罰則や決まりがあったが……「フォン・ガイエン氏の夜の出逢い」親戚の子供から……
       (松永美穂訳)

    「ディレイ・エフェクト」が芥川賞候補だが、功労賞狙いの候補入りか、この雑誌を話題にするための候補入りだろう。
    そう思わざるを得ないほど都合のいい小説。
    素敵な短編にいくつか出会えた。

  • 目次を見ると、【巻頭エッセイ】皆川博子に、【特集〈わたしのガイドブック〉】澤田瞳子 谷崎由依 山崎まどか 山田航が気になる、、、

    書肆侃侃房のPR
    小説と翻訳と短歌を中心にした文学ムック
    わたしたちは誰もが重力というものに支配されています。
    「たべるのがおそい」は、その重力を少し弱めてみたいと思っています。
    読んでいるあいだ、少し動きやすく、歩きやすい、
    それがこの一風変わったタイトルの文学誌の目標です。
    西崎憲(編集長)
    http://www.kankanbou.com/kankan/index.php?itemid=823

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1981年、埼玉県生まれ。2006年、「無限のしもべ」で群像新人文学賞を受賞。10年、「いい女vs.いい女」で絲山賞を受賞。著書に『いい女vs.いい女』『金を払うから素手で殴らせてくれないか?』等。

文学ムック たべるのがおそい vol.4のその他の作品

木下古栗の作品

文学ムック たべるのがおそい vol.4を本棚に登録しているひと

ツイートする