カミーユ (現代歌人シリーズ22)

著者 :
  • 書肆侃侃房
3.67
  • (2)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 193
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863853157

作品紹介・あらすじ

第12回日本一行詩大賞受賞

曇天に火照った胸をひらきつつ水鳥はゆくあなたの死後へ

幽明を行き来しながら
うたは火となる。水となる。
声の雫が心を濡らす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『目を閉じて少し待つのだお互いの葉ずれの音の静まるまでを』

  • ああ斧のようにあなたを抱きたいよ 夕焼け、盲、ひかりを搔いて

    遠景、とここを呼ぶたび罅割れる言葉の崖を這うかたつむり

    .
    観念が物質感を持ち、逆に物体が抽象に昇華されて息をし始めるような印象をうけた。モチーフ同士の共有するイメージを掴んでそういった矛盾を違和感なく使いこなしてる感じが凄い

    丁寧でキレイだった第一歌集に比べて、一首単位での横の広がりと、読者の連想を促すような深みが増してるように感じた。

    .
    灯台のような裸、とおもったが春はそれさえ連れ去ってゆく

    詩のように瞳はそこへ向かうのだ そこには誰もいなくていいのだ

    .
    "対象との距離"を、淡白に客観視するのではなく、惜しむように、美化する。それがキレイなほどむしろ寂しいです

  • ・雨沁みて重たいつばさ 感情は尖がもっとも滅びやすくて
    ・老けてゆくわたしの頬を見てほしい夏の鳥影揺らぐさなかに
    ・少しして声を好きだと気づきたりまっすぐな木にうなずくように

    この辺が好きでした

  • 期待の若手歌人の第二歌集。言葉の使い方が奔放で、魅力的だ。「狂うのはいつも水際 蜻蛉来てオフィーリア来て秋ははなやぐ」「あなたはわたしの墓なのだから うつくしい釦をとめてよく眠ってね」「そのひとを怒りはうつくしく見せる〈蜂起〉の奥の蜂の毛羽立ち」「手をあててきみの鼓動を聴いてからてのひらだけがずっとみずうみ」「紫陽花はさわると遠くなる花で(あなたもだろうか)それでも触れる」「蛇よりも鐘になりたし火に濡れてきみの最期の声さえ聞ける」「馬の背は光に濡れて 来た、壊した、焼いた、殺した、奪った、去った」「肉体の曇りに深く触れながらカミーユ・クローデル火のなかの虹」

  • 歴史上の人物の内奥をうつしとる三十一音、熱情と透徹した観察眼が同居する。

  • よかった、と感じる歌が多くある いつしか「塔」で出会いたくあり

  • 高評価の前情報ばかり知っていたので、ちょっと期待しすぎてしまったのか、世界観になかなか入り込めなかった。

    こんなに意味がよくわからない言葉を並べているのに、何か大事なことをしゃべっている気迫があるのはすごいなーと思った。

    見たこともないのに思い出せそうなきみの泣き顔 躑躅の道に

    冬の樹々が散らす枝枝、もうずっと花火より火だ あなたさえ火だ

    ストローをきみは噛みつつ風吹けばたちまちに風の表情となる

    これらはギリギリ言っていることがわかる上で響きも綺麗だと思えた。この方の短歌は、意味とかではなく音で読むのかもしれないけど、意味にも感動したい。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大森静佳:1989年、岡山市生まれ。高校時代に短歌と出会い、その後「京大短歌会」を経て「塔」短歌会所属。2010年、「硝子の駒」にて第56回角川短歌賞受賞。2013年に第一歌集『てのひらを燃やす』(角川書店)を刊行

「2021年 『飛ぶ教室 第67号』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大森静佳の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×