少女たちがみつめた長崎

著者 :
  • 書肆侃侃房
4.33
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863854093

作品紹介・あらすじ

体重34キロ・青春が全部戦争
昭和20年8月9日、長崎の兵器工場に動員されていた女生徒たちを原子爆弾が襲った。少女たちは苦しみをかかえ、どう生きてきたのか。彼女たちの日記が、今、女子高校生たちの心をゆさぶる。世代を超えた少女たちの交流の記録。
――青来有一(小説家)


2019年8月17日に放送され大きな反響を呼んだ、NHK 「ETV特集 少女たちがみつめた長崎」、待望の書籍化。

長崎原爆投下からまもなく75年。被爆者たちの命の灯が次々に消えていく中、元少女たちがたどった過酷な運命を日記や手記、対話などで、つぶさに追体験した長崎西高放送部の高校生たちの奮闘を描く。ぜひ、すべての高校生たちに読んでもらいたい1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 9月に旅した、長崎原爆資料館ミュージアムショップで購入。
    (→「長崎の旅、最後に」https://blog.goo.ne.jp/mkdiechi/e/65c109b4e0efe87c53e1e535256fac58

    平易な文章で綴られた、ノンフィクション。
    高校生のまっすぐな言葉がまぶしい。
    そして、我が身が恥ずかしくなるような
    焦るような・・・

    登場してくる、長崎西高校は
    林京子の後輩に当たる生徒なのだとか。
    林京子は「祭りの場」止まりだが
    「友よ安らかに眠り給え」を読みたくなって
    図書館に予約した。

  •  「ETV特集少女たちがみつめた長崎」を基に書籍化、とある。長崎西高校放送部、ドキュメンタリー番組、テーマ「女性と原爆」。
     長崎西高の前身の一校、県立長崎高等女学校(県立高女)。戦争末期、男性は戦場に駆り出され工場では工員が不足。県立高女の3年生(14,15歳)も、爆心地から1.3キロの兵器工場に動員されていた。

  • 210.7-W
    閲覧

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

(わたなべ こう)  NHK沖縄放送局チーフ・ディレクター。1966年生まれ。ETV特集「シリーズBC級戦犯~韓国・朝鮮人先般の悲劇」(ギャラクシー選奨)、NHKスペシャル「学徒兵 許されざる帰還~陸軍特攻隊の悲劇」(ギャラクシー選奨)ほか多数制作。著書に『どこにもないテレビ』(かもがわ出版、2022年)、『戦場で書く--火野葦平のふたつの戦場 (朝日文、2020年) ほか。


「2022年 『沖縄 戦火の放送局』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺考の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×