Lilith

著者 :
  • 書肆侃侃房
4.64
  • (23)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 247
感想 : 18
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863854192

作品紹介・あらすじ

第29回歌壇賞を受賞し、幻想小説も発表する著者の鮮烈な第一歌集。



叙情の品格、少女神の孤独。端正な古語をもって紡ぎ出される清新の青。

川野芽生の若さは不思議だ、何度も転生した記憶があるのに違いない。

――山尾悠子


【収録歌より】

アヴァロンへアーサー王をいくたびも送る風あり千の叙事詩に

天上に竜ゆるりると老ゆる冬われらに白き鱗(いろくづ)は降る

harassとは猟犬をけしかける声 その鹿がつかれはてて死ぬまで

ほんたうはひとりでたべて内庭をひとりで去つていつた エヴァは

詩はあなたを花にたぐへて摘みにくる 野を這ふはくらき落陽の指

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「文学は権力そのものになって人間を追い詰めることが容易にできます。しかし私は、言葉の内包する構造にそのまま操られることなく、言葉と差し違える覚悟を持つこと、それこそが文学の役割であると信じています。」
    ーあとがきより

    なんという才能だろう。圧倒されてものが言えない。
    これらの歌は、川野芽生にしか紡げない。
    そう思わされた。なんという衝撃。

    正直読書経験も碌にない私には難しくて、川野氏の言いたいことを半分も理解しきれていないと思う。それでもなお身体が震える。すごいものをよんだぞ、と。
    一連の物語のようにもなっており、一首だけでも世界が広がり。言葉の持つ力を証明してくれる歌集だ。
    小説・無垢なる花たちのユートピアを先に読んで虜になったものだが、川野氏が伝えたいメッセージは、短歌でも小説でも変わらない。文学や歌を通して伝えたいという確固たる意志が、作品にもあとがきにも伺える。
    これからも精力的に活動してほしい期待の星だ。
    じっくり何度も読み返したい。
    分からないなりに好きだと思った歌をいくつか引用して終わりたいと思う。


    無性愛者のひとはやつぱりつめたい、とあなたもいつか言ふな だありや

    いつ自分がさうだと気づきましたか、と入国審査のやうに問はれつ

    友人のすべてを置いて乗るためのバスが古城をまはつて来たり

    ヴァージニア・ウルフの住みし街に来てねむれり自分ひとりの部屋に

    うつくしい本を造りて逝きしひとよあなたの本に逢ふために来た

    <男みなかつて狩人>その嘘に駆り立てらるる猟犬たちよ

    青年とわれは呼ばるることなくて衛つてやると言われてゐるも

    敗北と屈服の差は(燃やさるる星)屈服と承認の差は

    Ⅰ anywhere
    Ⅱ out of
    Ⅲ the world

  • Lilithとは、ユダヤ教における悪霊なのだそう。
    男児を害すると信じられていたのだそう。
    けれど現代リリスは、女性解放運動の象徴の1つともなっているのだとか。

    どこまで遠く想いを馳せているのだろう。
    何故かそんな風に感じた。
    古語を用いた短歌が凛とした感じ。
    けれどどこか寂しさを感じるような。
    私視点の歌であっても、どこか第三者目線のように冷静で淡々とした感じ。
    決して感情的ではないのだけれど、言葉は静かに鋭角に刺さってくる。
    お幾つの方なのだろうと検索すれば1991年年生まれとあって、まだ30代前半なのだと改めて驚く。

    「第一章 anywhere」 の「借景園」から印象的だ。
    これはおそらく庭園などではなく、自宅から見える隣家の庭。
    老いた隣人が住んでおり、茉莉花やコスモスが咲き、藤棚のあるその美しい庭を背景とした自宅からの眺めを借景園と名付けている。
    隣人亡き後、藤棚もみな刈り込まれるという喪失感。
    "花の終りは季節の終り"。

    「ひとびとは老いて去りゆく 最愛の季節の花の庭を遺して」
    「夜の庭に茉莉花、とほき海に泡 ひとはひとりで溺れゆくもの」
    「花の終りは季節の終り ひとの手が咲きつつしぼみつつ花殻を摘む」

    「第二章 out of」の「転身譜」にある、
    「ひとがひと恋はむ奇習を廃しつつ昼さみどりの雨降りしきる」
    も印象的だった。
    突然この一首だけ読むと唐突だが、これより幾つか前の歌に「天馬の脚」や「馬なる下半身があらがふ」とあるので、半人半馬と"転身"させての歌のようだ。
    とは言え、人が人を恋する気持ちを"奇習"と呼ぶ感覚は衝撃的。
    「春よわれらに再演あらば幻獣と狩人として巡り会はむを」
    再演など無いのだろうけれど、もしあったのだとしても幻獣と狩人では、追われる者と狩る者。
    もし春が恋を表すのだとしたら、たとえ狩られて命を奪われようと、追われる者と狩る者として永遠に季節を巡りたいということか??
    でも同じ「転身譜」の中で、"奇習"と呼んでいるしなぁ。
    本書『Lilith』の栞で佐藤弓生さんが「秩序と理性の葛藤」と仰られているのは、こういったところだろうか。

    同じく第二章の「老天使」にある、この一首。
    「葩(はなびら)は花にはぐれてゆくものを夢(いめ)ゆ取り零されし残月」
    花びらが散ってゆく事を"はぐれて"と表したり、残月を夢から"取り零され"たと表したり、儚さのある美しさを感じた。

    「第三章 the world 」は毛色が急に変わる。
    「harass とは猟犬をけしかける声 その鹿がつかれはてて死ぬまで」
    「摘まるるものと花はもとよりあきらめて中空にたましひを置きしか」
    「葩に顔を喰ひ荒らされながら運河走れりゆめ澱むなよ」
    「たれも追わずたれも衛らず生きたまへ青年よいまここが対岸」
    「無性愛者(アセクシャル)のひとはやつぱりつめたい、とあなたもいつか言ふかな だありや」
    生きづらい世の中。
    怒りながらも懸命に生きている力を感じた。
    残酷なくらいに言葉が刺してくる。

    帯に「……言葉と刺し違える覚悟を持つこと、それこそが文学の役割であると信じています」(著者あとがきより)とあり、もうほとんど、この文章に衝撃を受けて本書を手に取ったと言っていいくらいだ。
    川野さんの覚悟や戦いが、神聖な言葉言葉たちと共に流れ込んでくる。
    あとがきも必読。

    他にももう少しご紹介したい。

    「街はふと裏がえり道はからみあう刺繍糸 どこへゆくのだ、ひとは」

    「エル・ドラド、アヴァロン、エデン、シャングリラ 楽園の名がいだく濁音」

    「植物になるならなにに? ばらが好きだけど咲くのは苦しさうだな」

    • 土瓶さん
      「植物になるならなにに?」か。

      できるだけ偉そうな神社の中に生えている大木がいいかな。
      御神木とか言って崇められそうだし、邪魔ものに...
      「植物になるならなにに?」か。

      できるだけ偉そうな神社の中に生えている大木がいいかな。
      御神木とか言って崇められそうだし、邪魔ものにされて切り倒されたりする可能性も低そうだから。
      チェーンソーなんかでバリバリ伐られるのは想像しただけで痛い。

      あ、意外と海草もいいかも。
      少なくとも犬のオシッコをかけられたりせずにすむ(笑)
      2023/12/20
    • 傍らに珈琲を。さん
      イタタッ!
      チェーンソーでバリバリなんて、文字読むだけで痛いです!
      前に読んだのだけど、樹木って根から菌類を通して助け合ってるんだって。
      栄...
      イタタッ!
      チェーンソーでバリバリなんて、文字読むだけで痛いです!
      前に読んだのだけど、樹木って根から菌類を通して助け合ってるんだって。
      栄養が足りなさそうだな…って仲間に、分けてあげたり。
      心優しい土瓶さんにぴったりΣ(・ω・ノ)ノ エッ?
      御神木だと一目置かれそうだよね。
      土瓶様。

      私は山野草の何かがいいなぁ。。。
      イカリソウとかバイカカラマツとか。
      可憐だし(人´ з`*)
      あ。でも、それこそ犬にオシッコかけられそう 笑
      2023/12/20
  • 美しい。言葉の海をたゆたわせていただいた。
    勉強不足でこの作品を味わい尽くせないのが残念。
    沢山の言葉との出会いをいただきました。

    個人的に、「炭酸と鸚鵡貝」「boy meets girl」に好きな作品が多かったです。

  • 週刊「川柳時評」: 平岡直子『みじかい髪も長い髪も炎』と川野芽生『Lilith』(2021年5月21日)
    https://daenizumi.blogspot.com/2021/05/lilith.html

    白昼夢通信
    https://daydreamletter.blogspot.com/

    『Lilith』 川野芽生|短歌|書籍|書肆侃侃房
    http://www.kankanbou.com/books/tanka/0419

  • わがウェルギリウスわれなり薔薇(さうび)とふ九重の地獄(Inferno)ひらけば

    狂恋を逃れむがため木となりし少女らならむ花のなき森

    harrasとは猟犬をけしかける声 その鹿がつかれはてて死ぬまで

    無性愛者(アセクシャル)のひとはやつぱりつめたい、とあなたもいつか言ふな だありや

    .
    自然や動物だけでなく幻想世界を掴み取っているようなスケール感。社会的な普通への反抗心が、文語で端麗に紡がれている。すごすぎる

  • Lilithとは繭の中のぬばたまの夜。
    Lilithとは挑みつづける孤高の少女。
    Lilithとは何者にも平伏さない気高い獣。
    Lilithとは夢幻の空間を舞う術を教示する歌。
    Lilithとは無数の私の始源を無限に描写した絵画。

    頁を繰る指先から火花が散り、湧き起こる風は一つの世界の上を渡る。あらゆるものの輪郭をなぞり、名付けてゆく風だ。そこでは魚が囀り、水が燃えることもあるだろう。空を流れる優麗な言葉を掴まえたくて繋ぎとめたくて、ゆっくりと息を吸いこむと、胸を鋼のような光で射抜かれる。恐ろしいほどの才能に震えた。

  • どれもこれも感銘受けるばかりだった。
    ここまで自身と言葉に厳格に対峙するような人いただろうか。
    おっかないな、と思いながら読んだ。
    歌はどれもこれも素敵だったけど、この人に惚れ込んだり目標にすると、いつかこのひとの持つ透徹さに切り裂かれるか、窒息しそうな怖さがあった。
    作品は好きです。

  • カバーなしの単行本。青い翡翠に竜の鱗が浮かぶような、とても美しい佇まいに惚れ惚れ。価格もISBNコードも帯にお任せのシンプルさが清々しい。思い切ってる。帯の飾りも竜の鱗だろうか。

    みそひともじの異界体験に胴震いがした。物語や空想のほか、そんなところにも、と思うような時と場所に、夢・幻・魔が口を開けて呼ばわっているような。それを見出し取り上げる感性と、格調高く美しく、しかも自由な言葉で表す戦いぶりに眩暈がする心地。読んで、見て楽しいばかりか、時には頭韻がりんりんと鳴って口ずさみたくなるようなものまで。今後も気になる歌人に出逢ってしまった。小説もあるらしい。読まねば。

  • 若き女性歌人の鮮烈な第一歌集。特に女性への男性の意識を弾劾した「Lilith」の連作は衝撃的だ。東京大学大学院在学中の作者は小説などへも手を広げているらしいが、短歌をやめないでほしいと切に思う。「馬手と云へり いかなる馬も御さずしてさきの世もをみななりし馬手」「harassとは猟犬をけしかける声 その鹿がつかれはてて死ぬまで」「なにゆゑに逃げざりしかと問はれゐつ共犯問ひ詰むる口調に」「摘まるるものと花はもとよりあきらめて中空にたましひを置きしか」「青年とわれは呼ばるることなくて衛ってやると言はれてゐても」「さからはぬもののみ佳しと聞きゐたり季節は樹々を塗り籠めに来し」「うつくしき沓を履く罪 踊り出す脚なら伐れ、と斧を渡さる」「魔女を焼く火のくれなゐに樹々は立ちそのただなかにわれは往かなむ」

  • Twitterで話題になっていたので手に取りました。現代短歌を読むのはこれが初めて。文語調の作品で格調高く、一読しただけでは作品を味わい尽くせない奥深さがあります。限られた文字数で表現された言葉による芸術は1枚の絵画、或いは写真のようにも感じられました。また『言葉の内包する構造にそのまま操られることなく、言葉と刺し違える覚悟を持つこと、それこそが文学の役割であると信じて』いるという著者の言葉にも痺れました。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小説家・歌人・文学研究者。第29回歌壇賞受賞。第一歌集『Lilith』(書肆侃侃房、2020年)にて第65回現代歌人協会賞受賞。小説集に『無垢なる花たちのためのユートピア』(東京創元社、2022年)、『月面文字翻刻一例』(書肆侃侃房、2022年)がある。2023年8月に自身初となる長編小説『奇病庭園』を刊行した。

「2023年 『かわいいピンクの竜になる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川野芽生の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×