Lilith

著者 :
  • 書肆侃侃房
5.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863854192

作品紹介・あらすじ

第29回歌壇賞を受賞し、幻想小説も発表する著者の鮮烈な第一歌集。



叙情の品格、少女神の孤独。端正な古語をもって紡ぎ出される清新の青。

川野芽生の若さは不思議だ、何度も転生した記憶があるのに違いない。

――山尾悠子


【収録歌より】

アヴァロンへアーサー王をいくたびも送る風あり千の叙事詩に

天上に竜ゆるりると老ゆる冬われらに白き鱗(いろくづ)は降る

harassとは猟犬をけしかける声 その鹿がつかれはてて死ぬまで

ほんたうはひとりでたべて内庭をひとりで去つていつた エヴァは

詩はあなたを花にたぐへて摘みにくる 野を這ふはくらき落陽の指

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Lilithとは繭の中のぬばたまの夜。
    Lilithとは挑みつづける孤高の少女。
    Lilithとは何者にも平伏さない気高い獣。
    Lilithとは夢幻の空間を舞う術を教示する歌。
    Lilithとは無数の私の始源を無限に描写した絵画。

    頁を繰る指先から火花が散り、湧き起こる風は一つの世界の上を渡る。あらゆるものの輪郭をなぞり、名付けてゆく風だ。そこでは魚が囀り、水が燃えることもあるだろう。空を流れる優麗な言葉を掴まえたくて繋ぎとめたくて、ゆっくりと息を吸いこむと、胸を鋼のような光で射抜かれる。恐ろしいほどの才能に震えた。

  • カバーなしの単行本。青い翡翠に竜の鱗が浮かぶような、とても美しい佇まいに惚れ惚れ。価格もISBNコードも帯にお任せのシンプルさが清々しい。思い切ってる。帯の飾りも竜の鱗だろうか。

    みそひともじの異界体験に胴震いがした。物語や空想のほか、そんなところにも、と思うような時と場所に、夢・幻・魔が口を開けて呼ばわっているような。それを見出し取り上げる感性と、格調高く美しく、しかも自由な言葉で表す戦いぶりに眩暈がする心地。読んで、見て楽しいばかりか、時には頭韻がりんりんと鳴って口ずさみたくなるようなものまで。今後も気になる歌人に出逢ってしまった。小説もあるらしい。読まねば。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1991年、神奈川県生まれ。2010年、東京大学に入学。東京大学本郷短歌会に入会、作歌を始める。2014年、短歌同人誌「穀物」結成。2015年、「怪獣歌会」結成。 2017年、本郷短歌会解散。2018年、「Lilith」30首により第29回歌壇賞受賞。現在、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻博士課程在籍中。小説作品に「白昼夢通信」(『Genesis 白昼夢通信』東京創元社、2019年)がある。

「2020年 『Lilith』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川野芽生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
皆川 博子
山尾 悠子
ヴィクトール・E...
皆川 博子
アンナ カヴァン
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×