観念結晶大系

著者 :
  • 書肆侃侃房
3.75
  • (4)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 135
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863854260

作品紹介・あらすじ

高原英理が二十有余年を費やし世界に問う思弁小説、ついに刊行!

神よりさらに高い次元に響く音をこの小説の中に聴きました。
すべての着地点を知りました。 町田康

詩、絵画、音楽から、星と鉱物から、精神の内奥に輝く結晶から、異世界への扉は開く。夢は通路である。身体の変容とともに時間が加速される。そこでは無数の世界が死んでゆく。だが全宇宙に響きわたるハーモニーとともに光はやってくる。夢想と世界変革の哲理をたどる果てしない物語が今、静かに幕を開ける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 天の音楽の調律師
    「鉱物志向者」の系譜、「大結晶」を中心とした「驚異の世界」
    郷原佳以 / 東京大学准教授・フランス文学
    週刊読書人2021年2月26日号
    https://dokushojin.com/review.html?id=7998

    【書評】ゴシックや幻想、恐怖の文学を専門としてきた作家が二十余年をかけて作り上げた世界『観念結晶大系』著◎高原英理|教養|婦人公論.jp
    https://fujinkoron.jp/articles/-/3475

    『観念結晶大系』 高原英理|日本文学|書籍|書肆侃侃房
    http://www.kankanbou.com/books/novel/0426

  • すごく綺麗で、面白いものを読めたけれど、作中人物の言葉を借りれば「またもや」という気持ちで読み終わった。

    硬質なるものへの憧れや、鉱石、石、結晶などがたくさんでてくるので、安直かもしれないけれど、漫画『宝石の国』が好きな人にはお勧めします。特に第二部「精神の時代」は主人公二人の有り様ふくめて。

  • 埴谷雄高 死靈 を超越した 哲学的小説!

  • 武蔵野大学図書館OPACへ⇒https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=1000236861

  • 不思議な読み心地の美しい物語でした。硬質な物への愛着、永遠への憧憬は美しい結晶を形造る。温度のない世界、正多面体の結晶が煌めく世界。その結晶達は人の高次元な精神、思考が結実したものであり、世界を探索し「知る」ことへの強い意志や理想すらも含む。物語は円環を描き、結末に至れば新たな結晶が生まれる。それこそ永遠のものとして。岩塊や様々な鉱石や結晶が存在するヴンダーヴェルト(驚異の世界)は宮沢賢治の世界に通ずるように思えた。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

高原英理(たかはら・えいり):1959年生。小説家・文芸評論家。立教大学文学部卒業、東京工業大学大学院社会理工学研究科博士後期課程修了。博士(学術)。85年、第1回幻想文学新人賞を受賞。96年、第39回群像新人文学賞評論部門優秀作を受賞。編纂書に『リテラリーゴシック・イン・ジャパン 文学的ゴシック作品選』『ファイン/ キュート 素敵かわいい作品選』、著書に『 ゴシックスピリット』『少女領域』『高原英理恐怖譚集成』『エイリア綺譚集』『観念結晶大系』『日々のきのこ』ほか多数。

「2022年 『ゴシックハート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高原英理の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山尾悠子
クラリッセ・リス...
山尾悠子
高原英理
ショーン タン
皆川 博子
ユーディット・シ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×