吉田 茂vs鳩山一郎 昭和政権暗闘史 一巻 (静山社文庫)

著者 :
  • 静山社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863890008

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 暗闘という程どろどろしている感じは受けなかった。
    講和条約辺りまでの吉田は素直に恰好いいと思う。
    それ以降を託せる様な後継がこの時点で吉田の周りにいなかったのが、
    その後のワンマンに繋がったのだろうか。
    この時点だと佐藤も池田もまだ若手のようだし。

    吉田VS鳩山というよりも吉田VS鳩山を総裁に据えたい人たちという構図に見える。
    鳩山自身がそこまで総裁、総理に執着しているようには見えない。
    また、何故ここまで三木が鳩山に執着したのかがよくわからなかった。
    このあたりの疑問はまた別で調べてみたいと思う。
    参考文献の一覧がありがたい。

全1件中 1 - 1件を表示

大下英治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

吉田 茂vs鳩山一郎 昭和政権暗闘史 一巻 (静山社文庫)はこんな本です

ツイートする