面接で『特A』をとる! (静山社文庫)

著者 : 坪田まり子
  • 静山社 (2010年4月6日発売)
3.13
  • (1)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863890398

面接で『特A』をとる! (静山社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 佐藤優氏特選の一冊。キーワードは「何を言うかよりも、どう見えるか、どう聞こえるか」。
    面接官(会社)からどう見られているかこそが大事だと指摘します。面接に限らず、社会人にとってもあらゆる場面で活用できそうなコメントがふんだんに紹介されています。

  • 著者は元女優だったそうです。今はキャリアカウンセラーとなり、就職支援をがんばっておられます。しかし、正直なところ的外れなところが多々見受けられます。
    特に「女性はスカートでなければならない」と明記されているのが気になります。今どき、誰も気にしていませんよ?心構えとしては良いことも書いてはいますが、この本を読むくらいなら他の書籍をお勧めします。

  • ・明るくて元気そうだ。
    ・テキパキ仕事をしてくれそうだ。
    ・この会社の理念や考え方を理解してくれそうだ。
    ・職場内においてどんな年齢やタイプともうまくやっていけそうだ。
    ・お客様から間違いなく好感を持たれそうだ。

    つまり誰から見ても感じがよい人。
    笑顔で話すこと。
    正しい敬語で話すこと。丁寧なお辞儀をすること。
    ビジネスマナーとは心の表現であり、知識やルールではない。

    明るくて自信にあふれていること。
    表情豊かに話しができること。
    絶対に◎◎の仕事がしたい、というのはタブー

  • 登録日:7/29

  • それはやり過ぎだろうという部分もあるけれど、
    面接当日に自分の気持ちをあげるためにはかなり役立つ本。

全6件中 1 - 6件を表示

坪田まり子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
J・モーティマー...
佐々木 圭一
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印

面接で『特A』をとる! (静山社文庫)はこんな本です

ツイートする