大人の学校 卒業編 (静山社文庫)

  • 静山社
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 50
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863890763

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 積んどいた本。なかなか読み出せなかったのは橋本治の文章に突入しづらかったから。「小林秀雄の、、」を読んで急に親和性アップ。一期に読めました。90年代にできた古い本ですが、今読むと逆にとても面白いです。故杉浦さんとか、なつかしいです。中沢新一さんも授業の時はオウム事件以前で、楽しそうで軽やかでした。養老さんの文章は久しぶりですが、今見ると極めて当たり前の話をされています。ぼくの認識が近づいたからでしょう。天野さんの広告論だけがとても古く感じました。バブル期の意味のなさ、軽さが時間を経過すると単に軽薄に見えてしまう、、、からでしょうか。

  • ※実際はマドラ出版「夜中の学校 中沢新一の宗教入門」のみを読みました。どう検索してもブクログでは出てこないようなのでやも得ずこちらの本を登録します。


    キリスト教、仏教の話をごくごくわかりやすく解説し、最後に宗教の意味や必要性をまとめた本。
    わかりやすいのはいいんだけど、わかりやすく解説するために様々な例えを用いていて、これがちょっと軽くなり過ぎている気がした。しかし、全体を通して伝えようとしている宗教観のようなものは理解もできるし、共感するところも多々ありました。

  • 110103 一部緩慢なところがある

  • なかなか、バラエティに飛んでいて飽きないね

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

橋本治
1948年3月25日 - 2019年1月29日
東京生まれの作家。東京大学文学部国文学科卒業。イラストレーターを経て、1977年に小説『桃尻娘』を発表、以後文筆業を中心とする。同作は第29回小説現代新人賞佳作となり、映画・ドラマ化もされた。1996年『宗教なんかこわくない!』にて第9回新潮学芸賞、2002年『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』にて第1回小林秀雄賞、2005年『蝶のゆくえ』にて第18回柴田錬三郎賞、2008年『双調 平家物語』にて第62回毎日出版文化賞、2018年『草薙の剣』で第71回野間文芸賞をそれぞれ受賞。
編み物にも通じており、1989年『男の編み物(ニット)、橋本治の手トリ足トリ』を刊行。自身の編んだセーターを着てCMに出演したこともあり、オールラウンドに活躍を続けた。

橋本治の作品

ツイートする