ハリー・ポッターと死の秘宝 上下巻set (携帯版) (ハリー・ポッターシリーズ)

制作 : 松岡 佑子 
  • 静山社 (2010年12月1日発売)
4.61
  • (61)
  • (12)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
  • 303人登録
  • 29レビュー
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784863890886

作品紹介

7月31日、17歳の誕生日に、母親の血の護りが消える。「不死鳥の騎士団」に護衛されてプリベット通りを飛び立ったハリーに、どこまでもついていくロンとハーマイオニー。一方、あれほど信頼していたダンブルドアには、思いがけない過去が。分霊箱探しのあてどない旅に、手掛かりはダンブルドアの遺品だけ。ハリー・ポッターシリーズ最終巻。

ハリー・ポッターと死の秘宝 上下巻set (携帯版) (ハリー・ポッターシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前巻までは全て伏線であった.ダンブルドア,スネイプの尋常ならざる葛藤を知り,この物語を単なる冒険ものに終わらせなかった.悔いを知ることとはどれほど人を深くするか.

    ヴォルテモート一人が悪であった.ドラコも,ダーズリーも一分の善心が宿っていた.これも世の常.悪人は常におり,悪人が改心することもある.

  • あの人の最期切なすぎた。
    みんな魔法うまくなったなあ。

  • 全巻を読み終えて、改めてこのシリーズが好きになりました。
    映画を見たのが先で好きだけど、原作の方がやはり素晴らしいです。
    読み終わったあと、全てがスッキリしてまたワクワクできました。

  • -

  • 映画化

  • 原書、単行本に加えて携帯版での再読。最初は先を知りたくて急いで読んだ感じだが、今回は3回目なのでじっくり読んだため、疑問がほぼ解消。スッキリした!それにしてもハリーはものすごい重荷を背負っていたんだなと今更ながらに思った。しかも自分にしかできない、自分しかいないという恐ろしいほどの孤独。再再読にも関わらず、この巻は3ヶ所くらいで泣いた。

  • とうとう最終巻。
    今までの謎が一気に解ける感じ!!
    途中、まさかの展開に涙涙だったけど
    最後がめでたしで本当によかった。

    映画見なくちゃ。

  • 大好きなのでもうちょっと翻訳を頑張ってほしかった

  • 私は、映画⇒小説の形で読んでいった口です。
    長いこと続いたハリー・ポッターシリーズもついに完結です。

    前回の最後から続く要素(フラグ)満載だったので、どう終わるかを
    楽しみに待っていました。
    と、同時に小説の方が読んでる映画に追い抜いてしまい、
    下巻に関しては、映画を観るまでお預けになる状態になってしまいました。

    ようやく終わったって感じと、もうハリー達に会えなくなるのかという
    複雑な感じを持って読んでいった感じです。
    半ば強引って感じもするストーリーもありましたが、私自身は結構満足しました。

  • そういえば、最終巻だけ日本語版を読んでなかったー。
    読もう。

全29件中 1 - 10件を表示

ハリー・ポッターと死の秘宝 上下巻set (携帯版) (ハリー・ポッターシリーズ)のその他の作品

J.K.ローリングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ハリー・ポッターと死の秘宝 上下巻set (携帯版) (ハリー・ポッターシリーズ)に関連する談話室の質問

ハリー・ポッターと死の秘宝 上下巻set (携帯版) (ハリー・ポッターシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする