ハリー・ポッターと賢者の石 1-1 (ハリー・ポッター文庫)

  • 静山社
4.33
  • (140)
  • (101)
  • (41)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 1122
感想 : 94
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863891609

作品紹介・あらすじ

ハリー・ポッターがついに文庫化!全23巻で刊行予定です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小説を読んだのは初めて。とんでもないワクワクが今身を包んでいる。
    うっすらと大体の内容は覚えているのに、それでもこれからのハリーの魔法使いとしての日々を想像してしまう。

    ハリーのマグルとしての苦しかった日々と、それからのハグリットとの楽しそうな日々や汽車の旅、ホグワーツでの日々、そういったものがとても楽しく読めた。
    続きを早く読みたい。

  • 映画ファンです。
    昔、一度読んだことがあったが再読。
    映画冒頭〜フラッフィーを目撃するまで。

    映画には登場しなかったが、レガシーなどには登場している悪戯好きのピーブズも登場。
    ダーズリー一家との暮らしぶりは、家庭内で差別されているのはもちろんだが、ダドリーは頭が弱いからと皮肉を言ったり、動物園に行くことになる経緯にしても、おばさんの猫のお喋りに付き合わなきゃいけないから苦痛だ…と思っていたり、子供らしいというか、結構やんちゃな少年であることが伺える。甘やかされていたら、そこそこ問題児になっていたかもしれない笑

    映画で無かった場面は、マルフォイとの初対面であったり、ハリーの初めてのふくろう便だったり、ホグワーツの校歌だったり。

  • 最終巻まで読了済。1巻だけでなく全体的な感想です。
    とあるキャラクターについて明確なネタバレ記述がありますのでご注意ください。

    ハリー・ポッターと初めて出会ったのは中学生の頃。
    俄かに流行りだして、友人から借りてその日のうちに読んだ。
    正直、英語の翻訳が回りくどく感じたし、
    ダーズリー一家の仕打ちや学校でのハリーの失敗に対する周囲の反応が辛くて
    読んでいて、あまりいい気分ではなかった。
    おそらく、多感な時期だったので共感性羞恥心を感じてしまったのだと思う。
    原作は4巻読破、映画は3部まで視聴して、その後は友人から展開を聞く程度だった。

    何がきっかけで再開したかは覚えていない。
    KindleUnlimitedのリストにあったから、そういう些細な理由だったかと思う。
    とにかく、2021年6月から20年振りにハリー・ポッターを読み返した。
    そして、2021年8月27日に最終巻を読み終えた。

    もう10代のハリーに共感性羞恥心を感じれないほどには大人だったのでサクサク読むことができた。
    20年前に抱いた「翻訳本は回りくどくて読みづらい」点は、驚くほどなかった。
    若干、翻訳者の年代を感じるフレーズに白けはしたが、特段読みづらくはなかった。
    (おっどろきー、って…日本人でそんなフレーズ使う?)

    順調に読み進め、4巻5巻で少し疲れを感じたものの、6巻以降は本をめくる手を止めることができず
    最終巻に至っては「あと数ページだけ読ませて~!」と、こどもに食事を与えながら読んでいた。
    学生の頃は大人(に見えた)シリウスを筆頭とした親世代に心を奪われていたが、二児の母である現在、
    シリウスには(でっかい子どもだな、、)以上の感情が沸かないことに驚いた。
    また、当時は同年代として見ていたハリー達を、親目線で見ることにより彼らに抱く愛おしさが増した。
    ハーマイオニーみたいな娘が欲しい。

    好きなキャラクターは、ハーマイオニーとルーピン。
    ルーピンについてはおじさんなのに可愛くてやられた。
    30代後半にもなって、緊迫した状況下でなぜかカップル成立させるわ、
    10代に正論ぶつけられて逆切れするわ、
    死と隣り合わせで活動している最中、息子の誕生を知らせるためだけに訪問して酒飲んで帰るわ、
    最終決戦直前というタイミングで息子の写真を見せびらかすわ、、、
    可愛すぎてその後の展開に泣いた。ずるい。
    正直この展開は作者のエゴだと思う。
    (ハリーにすべての伏線をつなげなくてよい、、ルーピンはルーピンで幸せになればよかった、、)

    さて、最終巻を読み終えて、HarryPotterWikiもあらかた読んで、
    語彙が「スネイプ」以外なくなった状態で言えることは、
    ただ「この作品を「読み返そう」と思いつき、読んでよかった」ということである。
    序盤こそ徐行運転だが、後半はもう追いつくのに必死なくらい疾走展開だった。
    学校生活の7年を記したということもあって、壮大なストーリーだった。
    余韻がすごい。消化するのにまだしばらくかかりそうである。
    息子と娘がもう少し大きくなったら映画や本を履修してもらい、語り合いたい。(重い)

  • これこそ本当に、「待望の文庫化」ですよ。

    私の本を入れる場所は限られているので、とてもとてもハリーポッター
    シリーズを単行本で揃えて入れられるスペースはなく、かといって
    携帯版もなぁ…と思っていたらやっとの文庫化。
    ありがとうございます!!

    1-1は、ハリーたちが禁じられた廊下に入ってしまったところまで。
    この中では私はやっぱり、ハリーがハグリッドとダイアゴン横丁へ
    行っていろいろ買い物をするところと、蒸気機関車に乗ってホグワーツ
    に着き、組分け帽子を被るところが一番好きです。
    自分も魔法使い1年生になったような気分でワクワクします。

    私にも、入学許可の手紙が届かないかしら…。
    アラフォーには資格がないか……。

  • 成長してから読むとすごく読みやすかった。難しい単語等ないので子供でも簡単に読み進められると思う。内容については初めはハリーが虐められていて面白くなかったが、ハリーが主人公として活躍していく頃から面白くなった。

  • クリスマスにUSJに行くので復習の為に再読(笑
    こんなに短かったっけ?ってくらいすいすい読み進められる。
    一冊にまとめられてる厚い方より、文章省略されてる…?

  • ハリー・ポッターについてブログを書きました♡
    http://namekoko75.blog.fc2.com/blog-entry-549.html


    今、読み始めました(yωy*)ポッ
    読み終わったら。。また改めて、感想を書きます!!

    • なめこさん
      nyancomaruさん:こんにちわ(#^^#)
      コメントをありがとうございました!

      実は私も映画をまだ観たことがありません(^_^...
      nyancomaruさん:こんにちわ(#^^#)
      コメントをありがとうございました!

      実は私も映画をまだ観たことがありません(^_^;)
      全て読み終わったら、いつかDVDを見てみたいです!

      >とても長いから躊躇しちゃいます
      私も最初。。こんなにあると一瞬、躊躇しましたが
      読み始めると魔法にかけられたみたいにハマってしまいました(〃^^〃)

      気づいたら残すところあと1冊になりました!
      自分でもびっくりしています(笑)

      人それぞれ好みがあるので強制はしませんが…
      私は読んでみて面白かったです////

      >>と、言いながらJRの駅に貼ってある、USJのポスターを見て、良さそうだなぁと思っています。
      ところで応募されました?

      まだ応募していません・・・
      今ハリーポッター文庫を読んでいる途中なので
      あのCMをやるたびに、つい反応してしまいます(#^^#)
      USJの発表のニュースがつい最近だったので、驚いています!

      いつか行ってみたいものです。。



      2014/06/24
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「読み始めると魔法にかけられたみたいに」
      上手いね!
      「人それぞれ好みがあるので」
      最初は、ふ~ん。。。と思っていたのですが、結構一筋...
      「読み始めると魔法にかけられたみたいに」
      上手いね!
      「人それぞれ好みがあるので」
      最初は、ふ~ん。。。と思っていたのですが、結構一筋縄ではいかない内容と聴いて気になってます。。。
      2014/06/26
    • なめこさん
      nyancomaruさん:こんにちわ(#^^#)
      返信してくださってありがとうございます!

      もし。。興味がおありでしたら…
      ぜひ読...
      nyancomaruさん:こんにちわ(#^^#)
      返信してくださってありがとうございます!

      もし。。興味がおありでしたら…
      ぜひ読んでみてください(〃^^〃)♪

      2014/06/27
  • 今更ながら原作に手を出してみました。
    さすが児童文学。すっごい読みやすかったです。そして夢にあふれていますね。
    ハーマイオニーがここまで御節介だったのにちょっとびっくり。
    下巻も期待!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「そして夢にあふれていますね。」
      そうなんだ!
      映画も観たコトが無いのですが、文庫になったので読んでみようか、どうしようか迷ってるところ。。...
      「そして夢にあふれていますね。」
      そうなんだ!
      映画も観たコトが無いのですが、文庫になったので読んでみようか、どうしようか迷ってるところ。。。
      2013/07/22
  • 文庫になって、初めて読み始めた。ワクワクが止まらない!こんなに楽しい内容だったとは!

  • 映画をちゃんと観たことないけど…
    今更ながら読み始めた。
    映画のキャラクターは何となく知っているので想像しやすくて楽しめた。
    映画を観たくなったし、これからまだまだ続きが読めると思ったらワクワク。

全94件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

J.K.ローリングは、記録的ベストセラーであり多数の賞を獲得した「ハリー・ポッター」シリーズの著者。世界中で愛読された本シリーズは、これまで累計5億部以上を売り上げ、80カ国語に翻訳された。8部作の映画は大ヒットを記録。著者は『幻の動物とその生息地』に着想を得て、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の脚本を執筆。この作品を皮切りとして、5部作の映画シリーズの公開が始まった。J.K.ローリングはまた、『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部』の舞台も手掛けている。この作品は、2016年夏にロンドンのウェストエンドで初演され、2018年春にはブロードウェーでも上演された。2012年、J.K.ローリングはウェブサイト〈ポッターモア〉を開設。このサイトでは様々なコンテンツや記事、J.K.ローリングによる書下ろし作品を楽しむことができる。他、一般書『カジュアル・ベイカンシー 突然の空席』を執筆したほか、ロバート・ガルブレイスのペンネームで犯罪小説を発表している。これまで、大英帝国勲章、レジオンドヌール勲章、ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞など、いくつもの賞を受賞してきた。

「2020年 『イッカボッグ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

J.K.ローリングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
伊坂幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×