ハリー・ポッターと賢者の石 1-1 (ハリー・ポッター文庫)

制作 : 松岡佑子 
  • 静山社
4.24
  • (77)
  • (64)
  • (29)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 604
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863891609

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映画は全て見終えたので、なら、と洋書を手に取ったのが失敗でした。というわけで、和訳されたものを読みました。夢に満ち溢れていますね。小学生のときにちゃんと読んでいたら絶対にわくわくしただろうな、という気持ちになりました。
    ところで、大人になってしまった今では魔法使いの世界にあまり魅力を感じなくなってきました。なにせマグルなので、魔法使いになれないと分かるとひねた物の見方しかできないのです。ほんと、子どものときに読んでおけば。

  • 小学校中学年の夏休みにハードカバー版を借りたらあまりの重さと分厚さに心が挫け、結局読み切らなかったのですが、大人になって映画を何度も見ながらやはり文章できちんと読みたいと今度は文庫版を購入。
    小学生の頃に苦戦していたのは何だったのか一気に読み切るほどに胸がワクワクするお話でした。
    趣味が映画鑑賞なので映像派だったのですが正直小説版の方が好みです(映画も勿論好きですが)

  • 昔ハードカバーで読んだけど、売ってしまったので再び文庫本で購入。
    一番最初に読んだ時のワクワク感はあまりない
    登場人物の未来と過去を知っているからこそ色んな場所屋言葉、登場人物の態度が引っかかる引っかかる・・・・

    もし行けるのなら帰れなくてもいいから魔法界に行きたいですね

  • 配置場所:摂枚文庫本
    請求記号:933.7||R||1-I
    資料ID:95130992

  • 遅まきながら、原作読み始め。
    昔、大判のを途中で挫折した記憶があったものの、今読んでみると、大人でもグイグイ引き込まれる面白さがある。

    ハマったのは映画版からだが、映画化されなかった(変えられた)細かなエピソードが幾つかあり、楽しめた。
    少々割高だが、持ち運びや翻訳の修正、元々の楽しさを考えると、妥当かも知れない。

  • 映画だとハーマイオニーがどんなに生意気なことを言ってもエマ・ワトソンが天使だからほほえましいだけなんだけど、文字だけだとハーマイオニー鬱陶しいなー!笑

  • B933.7-ロリ-1 300290624

  • もともと映画を観たことがあるので、「ああ、あのシーンはこんな表現だったのか!」と興味深いことしきりでした。

    やはり、原作→映画よりも映画→原作の方が、失望することがなくてよいですね。

  • 2015年12月24日に開催された第1回ビブリオバトル市内中学生大会A会場で発表された本です。

  • 10年ぶりに読み返した。
    やっぱりハリーポッターは最高。
    イギリス行きたい。

全63件中 11 - 20件を表示

ハリー・ポッターと賢者の石 1-1 (ハリー・ポッター文庫)のその他の作品

J.K.ローリングの作品

ツイートする