ハリー・ポッターと賢者の石 1-1 (ハリー・ポッター文庫)

制作 : 松岡佑子 
  • 静山社
4.24
  • (77)
  • (64)
  • (29)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 604
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863891609

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今まで、映画だけで原作を読んでこなかったけれど、映画ではカットされてる場面があって原作は原作で面白かった。

  • 今更ながら読み始めました。
    映画もありですが、原作もありです。

  • 映画だけ見てずっと詳細まで理解したくて読んでみたけど、文句なしに面白かった。
    児童書のわりに皮肉たっぷりの言い回しがイギリスっぽいし、本文に出てくる全てがファンタジーへの妄想をかきたてる。
    まさに夢のある作品。

  • テレビでハリポタ全話観て、小説でも読んでみたいなーと思って買った文庫本!\(^^)/

    昔読んだときはそれこそ中学生の頃だったけど、昔より大人になったぶん全体像が掴みやすかった。相変わらず魔法の世界にわくわくした。

  • 全巻読了。

  • やっぱりハリポタ面白い。でも何となく日本語に違和感があって、英語力ないけど、英書で読んでみよーかなぁと思った。

  • これはやはり面白い!
    なぜあんなに流行ったのか映画を観た時はあまりピンとこなかったが
    原作は楽しめた。

    色んな小ネタが随分楽しい。

    シリーズを一気に読みたくなった。

  • 文庫本で読み直し!
    学校内の出来事はおもしろい!
    映画もみなおしたくなった!

  • ハリーポッター文庫版の第1巻。
    単行本・携帯版・文庫版の3つは日本語訳が微妙に違ってるらしいのですが、文庫版は人物の描写が事細かになった印象を受けました。

    1巻目は「賢者の石」の前半部分。全作品に共通する細かい設定が、物語を進めていく上でのヒントにもなるので、注意深く読んでおく必要があります。
    また、この巻は主人公ハリーが初めて魔法界に触れるということなので、ハリーの行動の変化(マグル世界の感覚から魔法界の感覚への変化)が上手く描かれています。

    本当に次々と読み進めていきたくなるようなストーリーです。

  • 正直興味がなく今まで手付かずだったシリーズ。
    友人に強く勧められ、私が「ハードカバーは重いし大きくて持ち運べない」と言っていたら文庫本をくれたのでせっかくだと思い読み始めた。
    凄く読みやすくてファンタジーものを欲しかった自分としては、どうしてもっと前から読まなかったのだろうと今更ながら後悔している。

    前半、物語の始めはハリーの人間としての日常生活を描いており、友人はここがだれているのでそこさえ越えれば大丈夫、なんて言っていたが、正直ここの部分も好きだった。
    後半部分、ハリーが魔法学校へ向かう道中も凄く幻想的と言うか見ていて飽きなかったし、さらりと読み終わることができた。
    また、下巻へ続くところも続きが気になる終わり方で、すぐにでも下巻を読みたくなった。

    とりあえず、もっと早くからこの作品に出合えていたらと今更ながら後悔しつつ、下巻へ続く。

全63件中 31 - 40件を表示

ハリー・ポッターと賢者の石 1-1 (ハリー・ポッター文庫)のその他の作品

J.K.ローリングの作品

ツイートする