ハリー・ポッターと賢者の石 1-1 (ハリー・ポッター文庫)

制作 : 松岡佑子 
  • 静山社
4.24
  • (77)
  • (64)
  • (29)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 602
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863891609

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今更ながら読んでないのはまずいなと思い読み始めました。映画は全部見たのでどうかなと思ったのですが割と楽しめそう。読んでるとユニバーサルに行きたくなってきました 笑

  • ダーズリー家の出来事も割と長めに取られてた印象。そこまでやると意外と愛情深い一家なのかもと思ってしまう

  • テレビでハリポタ全話観て、小説でも読んでみたいなーと思って買った文庫本!\(^^)/

    昔読んだときはそれこそ中学生の頃だったけど、昔より大人になったぶん全体像が掴みやすかった。相変わらず魔法の世界にわくわくした。

  • やっぱりハリポタ面白い。でも何となく日本語に違和感があって、英語力ないけど、英書で読んでみよーかなぁと思った。

  • ハリーポッター文庫版の第1巻。
    単行本・携帯版・文庫版の3つは日本語訳が微妙に違ってるらしいのですが、文庫版は人物の描写が事細かになった印象を受けました。

    1巻目は「賢者の石」の前半部分。全作品に共通する細かい設定が、物語を進めていく上でのヒントにもなるので、注意深く読んでおく必要があります。
    また、この巻は主人公ハリーが初めて魔法界に触れるということなので、ハリーの行動の変化(マグル世界の感覚から魔法界の感覚への変化)が上手く描かれています。

    本当に次々と読み進めていきたくなるようなストーリーです。

  • 文庫化。
    久しぶりに読んだら、ハーマイオニーって最初こんなにウザめな存在だったのかとしみじみ。
    ダーズリー一家とマルフォイはやな奴だ。
    表紙がトワイライトの表紙みたいだと思った。

ハリー・ポッターと賢者の石 1-1 (ハリー・ポッター文庫)のその他の作品

J.K.ローリングの作品

ツイートする