ハリー・ポッターと賢者の石 1-2 (ハリー・ポッター文庫)

制作 : 松岡 佑子 
  • 静山社
4.18
  • (56)
  • (49)
  • (26)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 464
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863891616

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ダンブルドアのグリフィンドールびいきとスリザリンの哀れさが極端過ぎて笑えた!

  • 昔読んだことがあったから展開はわかってたんだけど、クライマックスのシーンってこんなにアッサリだったかな…?魔法ファンタジーだし、もう少し盛り上がりがあっても良かったのかなと思ったり(´・ω・`)

  • シリーズ第1弾「賢者の石」の後半です。

    文庫本1巻に続き、ホグワーツでの学校生活を活き活きとした文体で描いています。クディッチの試合描写などは圧巻です。

    内容は、前半部分をしっかりと覚えておくことが重要でしょう。細かな記述が、意外にも最後のクィレル教授との闘いに繋がっています。


    文庫本1巻・2巻はまだ内容がそこまで複雑ではないので、読者は謎解きを楽しみつつ、昔自らが経験した学校生活と重ね合わせて懐かしむことができると思います。

  • すごいよね。はじめて読みましたけど、すごい。けど、ベタっす。ベタベタです。とはいえ、ファンタジー世界の構築、冒険活劇として子供が好きになるのは納得っす。

    電車で読むのが、恥ずかしい一冊でしたっ★

ハリー・ポッターと賢者の石 1-2 (ハリー・ポッター文庫)のその他の作品

J.K.ローリングの作品

ツイートする