ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 3-1 (ハリー・ポッター文庫)

制作 : 松岡 佑子 
  • 静山社
4.28
  • (39)
  • (34)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 315
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863891647

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ジョージ、説明してやりたまえ」
    「よろしい…我々が一年生だったときのことだ、ハリーよーーまだ若くて、疑いを知らず、汚れなきころのことーー」
    ハリーは吹き出した。フレッドとジョージに汚れなきころがあったとは思えなかった。

  • ハリーポッター第三弾。

  • 読み終わりました!

    読んでいて気付いたのですが。。
    例えば、秘密の部屋を読んでいる時に
    次の巻のアズカバンのエピソードが少し出ているという

    (秘密の部屋の巻でハグリッドがアズカバンへ行ってしまうシーンです!)


    今読んでいる巻が次の巻に関係していっていて
    何だか不思議な気持ちになりました////

    分かりますか??笑

    説明が下手ですみません(>_<)


    続きがとっても気になります♡
    読んでいると一緒に推理しているような
    ハリーと一緒に冒険しているような気持ちがしますね(〃ノωノ)


    私もホグズミードへ行ってみたいな(〃゚σ¬゚)ジュルリン..
    昆虫みたいな食べ物は嫌だけど、
    他の食べ物は食べてみたいな。。♡

    みんなでワイワイ!楽しそうです(≧∀≦)

  • シリーズの中でも一、二を争うくらい好き。
    シリウスやルーピン、ペティグリュー、それからトレローニーの登場。ハリーが守護霊の呪文を覚えるのも今作。

  • Ⅱにて。

  • シリーズの中でイッチ番好きです。もちろんシリウスが登場してるからってのが大きい!

  • クルックシャンクス私も欲しい。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 3-1 (ハリー・ポッター文庫)のその他の作品

J.K.ローリングの作品

ツイートする