ハリー・ポッターと謎のプリンス 6-1 (ハリー・ポッター文庫)

制作 : 松岡 佑子 
  • 静山社
4.09
  • (18)
  • (24)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 189
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863891739

作品紹介・あらすじ

「セブルス、『破れぬ誓い』を結んでくださる?」橋が破壊され、ハリケーンの猛威が襲う。そして、魔法省の高官が次々に惨殺され、杖作りたちが行方不明に…。ヴォルデモートの復活が周知となるや、闇の勢力の跋扈が始まった。魔法界は恐怖と不安におののき、ダイアゴン横丁の人通りも絶える。そんな中、ハリーの宿敵、ドラコ・マルフォイが奇妙な動きを見せる。ハリーは、ある仮説を持ってドラコを追う…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マグルという言葉の響きにどこか魔法族から非魔法族への軽視する行為が含まれているように昔から感じている。根拠はないけど。
    マルフォイとスネイプ、なめくじ先生がどうなるのか気になる。

  • 何もかもに癇癪を起こしていた去年の反抗期ぶりが嘘のように、シリウスの死を経たハリーが急速に大人になっていてせつない。
    代償が重すぎる…

  • B933.7-ロリ-14 300290756

  • ハリポタシリーズ、第六作。またまた新しい先生登場。その名はスラグホーン。ダンブルドア校長の元同僚。教える教科は魔法薬学だ!その他の新キャラはマルフォイの母親・ナルシッサ。新魔法大臣・スクリムジョール。ストーリィ的にはビルとフラーが付き合っていたり、クィディッチのキャプテンにハリーが指名されたり、マルフォイが何か良からぬことを企んでたり・・そんか感じだ。その2に続く。

  • いよいよ人間界まで広がってくるのか

  • あの人の復活で、魔法界のみならず人間界にまで影響が出始めたシーズン6。
    初っぱなからまたスネイプ先生が敵か味方か分からなくなってしまった。そこにまたまた新しい先生も加わり(今度は魔法薬の先生)物語は複雑さを増していく。
    前作で反抗期だったハリーは、今回は怒ってばっかじゃないのが救い。前作は酷かったから(笑)

  • ハリーポッター第六弾。

  • 読み終わりました!
    まだ信じられません:ω;

    マクゴナガル先生は何とか持ちこたえたのに、
    どうしてシリウスは一発で…



    シリウス…本当に死んじゃったんだ。。

    ハリーの考えたように
    『ほとんど首無しニック』みたいに出てきたらいいのに(>_<)
    ハリーとずっと一緒にいたかったはずだよね!
    絶対未練あるはずなのに。。
    シリウスのお家のどこかにいたらいいのになんて
    奇跡みたいなこと…つい思ってしまいます!

    このままお別れも言わないままは辛いよ。:゚(。ノω\。)゚・。

    もう一度、どんな形でもいいから
    ハリーの前に出てきて欲しい。。と願います


    トンクス。。シリウスのこと好きだったんじゃないのかなと思います!
    前は生き生きとしてたのに食欲もなくなっちゃって…(ノω・、)



    第2章はスネイプ先生…
    第6章はマルフォイ。。この二人何だか怪しい!

    マルフォイは分かるけど、スネイプ先生はショック(ll゚◇゚ll)


    呪文をかけられたとき一瞬躊躇しましたよね!

    悪者だと思わせて、
    最後は思いとどまってハリーたちを助けてくれる展開だったら嬉しい。。

    マルフォイは何をたくらんでいるのだろう


    新しく先生もやってきました(〃^^〃)
    面白そうな先生です♪

    あの古い教科書は一体!

    ハーマイオニーとジニーの言うとおり
    この本に何か隠されているはず。。
    心配するの分かります!

    教科書じゃなくて
    誰かが書いた文字に従って作業するなんて恐ろしい。。

    この本に導かれて
    色々と何かが起こりそうな予感が…


    私だったら、この教科書何か書いてありますと
    先生に言ってたかもしれません(笑)



    それにしてもロンのお母さん…
    魔法で料理を作っていますよね!
    便利だなと思いました♡毎回すごいです。。

    情景が浮かんできます。


    あと悪戯専門店にあるピグミーパフ…
    かわいいと言ってたので
    映像ではどんな生き物なのか凄く気になりました////

    このシーン…カットされてないことを祈ります!

  • マルフォイ坊っちゃまが怪しいなあ……。
    既読のくせに、彼がこれから何をするのか全く覚えていない私。
    どうなるのか、楽しみだなあ…。

    このへんで、ジニーがだんだん目立ってきたのが嬉しい。
    ハーマイオニーもいい。
    ホグワーツの中で、一番魔法学校生活を満喫してるのは、ハーマイオニーだと思う。

  • 何回も読みたくなる。十分な量、内容、ワクワク感。

全14件中 1 - 10件を表示

J.K.ローリングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハリー・ポッターと謎のプリンス 6-1 (ハリー・ポッター文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする