名探偵クマグスの冒険 (静山社文庫)

著者 :
  • 静山社
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863892026

作品紹介・あらすじ

時は19世紀末。各国のスパイやギャングが跋扈するロンドンで、若き日の南方熊楠が遭遇する奇っ怪な事件。政治的陰謀も、ケルト伝説の怪物出現も、クマグスが博覧強記の知識で謎を看破し、豪胆な行動力で決着をつける。虚実を巧みに織り込んだ博物学的エンターテインメント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わが故郷の偉人、南方熊楠大先生がイギリスで謎を解く。イギリスの地理や時代、蘊蓄が大変面白い短編6本立てミステリ。敢えて難をつけさせていただくと、熊楠の話す”和歌山弁”が少し変で、しかも紀北っぽい。熊楠はこてこての南紀州弁でないとあかんわ。「ノーブルの男爵夫人」蘭クラブでのムカデ毒での殺人事件。「ムカデクジラの精」ケタキア、ケルトの伝説と相続がらみ殺人未遂。「巨人兵の棺」ケルトの古い遺体と屍蝋商人。「清国の自動人形」孫文拉致事件、救出解決。「妖精の鎖』コーンウォールのパスティが出てくる。巨石文化とレイラインを利用した殺人事件。「妖草マンドレイク」古代英国のカニバリズムについて、ローストビーフの話。
    もろコナンドイルの子供用訳本的面白さ、楽しめた。

  • 三葛館一般 913.6||TO

    19世紀末のロンドンで起こる6つの怪事件。それらを見事に解決するは、鹿内帽にパイプをくわえた、かの名探偵ではなく、英国人相手にも紀州言葉で悪態をつく「クマグス」である。本書はロンドン留学中の熊楠をモデルに、クマグスの豪胆奇抜な行動と、その博学さで以って快刀乱麻を断つ、痛快なエンターティメント作品です。孫文にチョボ六に、と熊楠ゆかりの実在の人物(猫)も多く登場する本作、さてさて物語の虚実はいかに!?
                                  (ぶどう)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=88645

  • やっと文庫化!ホームズと漱石と熊楠が同じ時代とはワクワクする。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1951年神奈川県生まれ。国学院大学卒業。同大学博物館研究助手、編集者を経て作家に。1990年『人造記』が第104回直木賞候補となる。1993年『大砲松』で第15回吉川英治文学新人賞、2004年『狙うて候 銃豪村田経芳の生涯』』で新田次郎文学賞、2012年『本朝甲冑奇談』で第6回舟橋聖一文学賞を受賞。他の著書に『銃士伝』『センゴク兄弟』『肥満 梟雄 安禄山の生涯』『忍者物語』などがある。

「2017年 『決戦!関ヶ原2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

名探偵クマグスの冒険 (静山社文庫)のその他の作品

東郷隆の作品

ツイートする