吟遊詩人ビードルの物語 (ハリー・ポッター文庫)

制作 : 松岡 佑子 
  • 静山社
3.72
  • (7)
  • (14)
  • (14)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 166
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863892217

作品紹介・あらすじ

シリーズ最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』に登場する魔法界の童話集。ハリー対ヴォルデモート最終決戦の鍵を握る「三人兄弟の物語」も、この本に収められていた。古代ルーン語で残された15世紀の物語をハーマイオニー・グレンジャー氏の新英訳で復刊。ダンブルドア教授の解説や、J.K.ローリング氏のイラストなど、「ハリー・ポッター」の世界を堪能できる1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本文に加えダンブルドアの解説やハーマイオニーの古代語訳という扉を含めて、ひとつの作品、ハリー・ポッターの世界を味合わせてくれる。

    魔法界の童話と人間界の童話を比較してみるのもよいかも。

  • 豊かな幸運の泉

    三人の兄弟の物語

    が好き

  • いろんなお話があり、魔法使いとポンポン飛ぶポットが一番面白かった。2016年読了。

  • 魔法界のおとぎ話にダンブルドアのコメント付き。
    ハリー・ポッターの本編と関連してるのに、結構忘れちゃってる…好きなのに…

  • ハリーポッターのシリーズを最後まで見た人であれば、死の秘法の話は知っているはず。その内容を改めて読むことができる。物語の世界に入るような不思議な感覚。

  • ハリーポッターの最後のキーになる、魔法界の童話。
    ダンブルドアの解説付です。
    マグルとの違いも説明されている。
    童話なので、すぐに読み終わるけれど、深いです。
    ハリーポッターをきちんと読んでない人には、ちょっとわからないと思います。

  • これがかの有名な。おもしろかった〜ささっと読めてかつハリポタがさらに楽しめる

  • 登録番号:10998 分類番号:933.7ロ
    読み語り資料

  •  ハリポタファンなので読んだ。まあ普通に面白かった。
     邦訳は相変わらず残念。

  • <追記>
    前に書いた感想の最後に追加で書きました////

    さて。。『吟遊詩人ビードルの物語』を読み始めようと(〃^^〃)


    ロンが夜に読むと雰囲気が出ると
    作中で教えてくれたので、
    ずっとこの時(夜)が来るのを待っていました////笑

    ロンに言われたとおり。。
    (ちょっとドキドキしますが…)私は夜に読むことを体験してみます!


    これがあの「死の秘宝」に登場した魔法界の童話集。。
    本から出てきたみたいで何だか不思議な気分です////

    楽しみです!
    この番外編の本で、もう…最後なんですね。。

    とうとう終わっちゃうんだ…


    2014年7月1日 読了
    読み終わりました~o((〃∇〃o))((o〃∇〃))o

    この本が魔法界の童話集なのですね!
    読んできたなかで
    なかでも。。『豊かな幸運の泉』のお話が好きです////
    次はどうなるのかってドキドキしながら読みました♡
    予想してたのが当たって嬉しかった。。

    『毛だらけ心臓の魔法戦士』は怖かったな…
    夜に読むと怖いですね((((;゚;Д;゚;))))


    童話以外でも!ホグワーツの裏話が分かったり、
    とても楽しく読ませていただきました(〃^^〃)

    もし。。まだ劇をやっていたなら、
    どんな劇でもハーマイオニーは凄い演技力を発揮したんじゃないかと思います(笑)

    アンブリッジ先生との、あの出来事を思い出すと
    物語は深刻なシーンだったけどつい思ってしまったww

全15件中 1 - 10件を表示

吟遊詩人ビードルの物語 (ハリー・ポッター文庫)のその他の作品

J.K.ローリングの作品

吟遊詩人ビードルの物語 (ハリー・ポッター文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする