名人

著者 :
制作 : 梅 佳代 
  • 静山社
3.50
  • (2)
  • (6)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863892781

作品紹介・あらすじ

梅佳代名人写真集!梅佳代による初めての文章。各地で繰り広げられた名人体験は、笑いあり、ハプニングあり、感動あり。体当たりで挑んでいます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • JALグループ機内誌「スカイワード」に連載されたものの単行本化。

    全国の名人を写真家の梅佳代さんが回り、自分の言葉で雑感をつづった写真集&コラム。

    所々、クスッと笑える写真が好きです。

  • 名人に密着取材
    何が名人の由来なのかを説く
    写真の関連がよくわからない

  • 文体っていうか、対象に対するスタンスが、さくらももこに似ている気がします。
    「名人凄い」って惚れこむのに照れているのか、あまり名人を尊敬していないみたい。時どき「これはちょっと取材を受けてくれた人に失礼では?」と思うところもあります。

  • がーんとか、しーんとか、なかなか楽しい文章です。
    写真もみんなリラックスしてていい表情です。

  • 新聞の書評欄を読んで 面白そうだな~と思い 図書館で予約。
    届いてびっくり。写真集?コラム?
    梅佳代さんなる人物がカメラマンとはつゆ知らず(汗)

    「名人に入門」というコンセプトで 機内誌に連載されたものを一冊にまとめたものだそうです。

    「名人に入門」という建て前なのに、名人にたどり着くまでの道中の 中高生や犬猫連れたじいちゃんや売り場のおばちゃんのスナップ写真が大量に載っていて、目が点になりつつ なんか可笑しい。たまたま取材に行き合わせて 写真を撮ってもらった方々、ラッキーでしたね。
    肝心の「名人入門」のほう、思わず「小学生の日記か!」とツッコミを入れてしまいました(笑)梅さん、石川県出身なので、文章に時々北陸訛りがでるんですね。北陸在住民としては そこがちょっとツボ。

    このゆる~いゆる~い感じが 好きな人には楽しめる本かな。

  • JALグループ機内誌の連載をまとめたもの。青森大学新体操部で新体操名人に会うの回を机上で読みました。写真も良いですが、文章も滑稽です。名人に会いにいっているのですが、普段の名人というか、一歩持ち場を離れたらへんな感じ(自転車乗っているフラメンコ名人とか、カクテルをストローでおもいっきり吸い込む顔のバーテンダーとか)、名人に会いに行く道すがらの子どもらの写真がさらに面白いです。喜久家洋菓子店舗と境港駅には行ってみたい。

  • 久しぶりの梅佳代、各地の名人を訪ねて修行をさせてもらう。それを写真と文章でリポート。
    文章は梅佳代の写真そのまま。
    写真は、名人や修行と関係あったりなかったり、それが梅佳代らしい。
    学生や子ども、犬、猫が多いのもらしくて楽しい!

  • (欲しい!)

  • 【EVENT】7/25 19:30 『名人』(静山社)刊行記念 梅佳代トークショー&サイン会 -スタンダードブックストア@心斎橋: livedoor Blog(ブログ)
    http://www.standardbookstore.com/archives/66152716.html

    静山社のPR
    http://www.sayzansha.com/jp/books/978-4-86389-278-1.html

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1981年石川県生まれ。〈男子〉、〈女子中学生〉で、キヤノン写真新世紀連続受賞。2006年に初写真集『うめめ』を刊行、翌年第32回木村伊兵衛写真賞を受賞。以降主な著書に、『男子』『じいちゃんさま』『ウメップ』、『のと』、共著『うめ版 新明解国語辞典×梅佳代』など。近作に『白い犬』。2013年には東京オペラシティアートギャラリーにて個展「梅佳代展 UMEKAYO」を開催。日常に潜む様々な光景を独自の観察眼で捉えた作品が高く評価され、国内外の媒体や展覧会で作品を発表している。

「2017年 『ナスカイ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梅佳代の作品

ツイートする