アジア古寺巡礼

著者 :
  • 静山社
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863892958

作品紹介・あらすじ

地元の人々から教わった寺の見方と楽しみ方。東南アジアの寺で感動する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資料ID:21502195
    配架場所:185.923||N
    請求記号:2階普通図書室

  • バンコク、アユタヤ、アンコール・ワット、バガンといった東南アジアの古寺の数々を地元の人々から教わった見方と楽しみ方で紹介。ガイドブックにはない古寺鑑賞の魅力が伝わってくる。次の旅の参考にしたいものだ。

  • タイ、カンボジア、ミャンマーの寺の見方を教えてくれる。現地のガイドに、寺の見方を訊けと勧める。単に観光客としてガイドされるのとは違う、仏教に対する関わり方が聞けると言う。
    特に、ミャンマーのバガンを見たいと思った。仏塔に金箔を貼り宝石を納める。それは、植民地とした国に根こそぎ持って行かれた。それでもミャンマーの人はまた、金箔を貼り宝石を納める。それが仏との関わり方だと言う。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

野地 秩嘉
のじ・つねよし―1957年東京生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務などを経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュ、ビジネスから、食、芸術、海外文化にいたるまで幅広い分野で執筆。主著・近著に『キャンティ物語』(幻冬舎文庫)、『TOKYOオリンピック物語』(小学館文庫)、『企画書は1行』(光文社新書)、『高倉健インタヴューズ』(プレジデント社)、『イベリコ豚を買いに』(小学館)、『アジア古寺巡礼』(静山社)、『川淵キャプテンにゴルフを習う』(プレジデント社)、『サービスの達人たち 究極のおもてなし』(新潮文庫)ほか。

野地秩嘉の作品

ツイートする