天国からの電話

制作 : 大野 晶子 
  • 静山社
3.43
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863893290

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文章が好みではない。
    訳者によるのかもしれないけど、アメリカの小説って同じようなのが多い気がする。

    内容は面白い。
    キリスト教徒なら共感すること多いのかな。

  • メルヘン?
    サスペンス?
    ジャンルはどうあれ、面白かった!!

  • レビュー省略

  • ミシガン湖畔の小さな町に、かかってきた電話は、なんと死者による天国からのメッセージだった。

    著者らしく、キリスト教色の強い1冊でした。
    信仰が根付いた世界観に、「ああ舞台は外国なんだなぁ」としみじみ感じ入りました。

    ある日かかってきた電話を出たら、かつて亡くなった自分の大事な人だった・・・!なんて、衝撃的ですよね。
    寿命で亡くなった場合はまだしも、そうでなければ後悔は残るかもしれない。あの時ああいう言葉をかけてあげれたら、あんなことしなければ、と。
    それでも人は皆亡くなるし、生き返ることはない。という共通の認識をひっくり返すような出来ごとがあったら、動揺するどころじゃないし、大切な人ともしかしたらまた話ができるかも・・・となれば、飛びついてしまいたくなるのもわかるかもしれない。

    死者が蘇る物語は、感動ものかホラー。と相場が決まっているかと思いきや、意外とそうでもないんですね。
    今回は世界に入り込めなくて残念でしたが、きっとまた著者の本は手にすることと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

ミッチ・アルボムの作品

ツイートする